2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ウェザーニュース

最近のトラックバック

カレンダー

無料ブログはココログ

おにぎりくん

管理人より

  • 当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。

07.蕎麦・うどん

松玄 麻布

お一人ランチに、麻布十番の「松玄Aicon339 久しぶりになりますが再訪です。 

IMG_4133

1000円ランチは健在です。 他のランチメニューも気にはなるのですが

注文するものは、いつも 牛すじカレーライスと冷たいそばのセットrestaurant@1000

IMG_4117

冷たいそば 

コシのある細めのそば。つゆも辛め。

カレーライスとのセットなのでこのぐらいの量で満足できます。

IMG_4123

牛すじカレーライス

和風仕立ての牛すじカレーライス。

ん~、本日はちょっと牛すじが少なくて、味わいにもうひとつパンチが欲しいわ。

そういう時は、卓上に黒七味がありますから勝手に調整しちゃいますwink

IMG_4130

こちらのそば湯は好きです。程よいとろみに品の良い甘さ、

残った汁とわってまろやかな風味を楽しみます。

ときたま無性にこちらのおそばがいただきたくなるのは、このそば湯が

飲みたいからなのかもしれません。

 

前回は再訪の目安を記していませんでしたが、

★★★☆ 消極的に好きでした。 

今回も変わらず、ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface 

 

松玄 麻布十番

〒106-0045 東京都港区麻布十番3-11-12 仙台坂オークヒルズ1F

TEL      03-3457-5690

営業時間/ 月~金 11:30~14:30(L.O.14:00) 17:00~23:00(L.O.22:30) 

         土・日 11:30~23:00(L.O.22:30)

定休日     無休 

http://www.pewters.co.jp/

ちりん 武蔵小山

IMG_3516

武蔵小山「穂のか」を出たあとは、お隣の手打ち蕎麦「ちりん」に移動。

白の半のれんがかかったガラス戸のお店になります。 

戸をがらがら~と開けて入店。

1階は厨房を囲んだカウンター席、2階にはテーブル席もある様子でしたが、

運よくこのガラス戸を背にしたカウンター席に座れました。

IMG_3693 IMG_3648

しこたま美味しい日本酒をいただいているので、ここいらで焼酎と蕎麦をたぐって

〆ようという算段です。 

IMG_3654

焼酎(蕎麦・芋)各@500×2

飲み方はロックですが、グラスいっぱいになみなみと注いでくださっています。

これが500円なら嬉しいではありませんかW01

IMG_3658

せいろと天ぷら盛り合わせを各1つずつ注文したのですが、こちらからお願いする

までもなくつゆと薬味を2セットに分けてくださいました。

何だか痒いところに手が届いてくれまする。

IMG_3665

天ぷら盛り合わせ 小(海老一尾、野菜天六品)restaurant@700 

お店には、天ざる(海老一尾、野菜天五品)もありますが、ここいらへんに目が

届かないのは先ほどの日本酒が回っているからでしょうか?

天ぷら盛り合わせで注文です。

それにしても見事に天ぷらが揚がっています。

正直、お店に入ると、昔ながらのシブイ手打ち蕎麦屋というよりも、

賑わいを見せる蕎麦居酒屋という雰囲気もあったのですがやられました。

軽い衣でサックリと揚がった天ぷらは素材の旨さを損なうことなく、それぞれの

歯ざわり、味わいを楽しませてくれます。これが700円とは驚きです。

IMG_3679

せいろrestaurant@600 

細めの蕎麦にはコシも感じられます。

カツオ節の香るつゆは、嫌味もなくすんなりと受け入れられるお味。

生意気を言わせていただくと、このお値段にして、上出来です。

IMG_3684

(ノブロー) おっ、天ぷらだでな。 

ノブローさん、顔がまだ赤いわよ。大丈夫? 

IMG_3686

(ノブロー) お店の兄ちゃんに水もらったで復活だ。

たっぷりの野菜天、これを食っておかねえとオラ、後悔するだでな。

野菜の切り方もダイナミックだで、ちんまくなくて満足感あるだ。

IMG_3689

(ノブロー) オラも蕎麦をたぐるでな。こっちもなかなかウマイ蕎麦だで。

 

手打ち蕎麦「ちりん」ガラス戸越しに見えたお店は、どこか屋台風にも思え

ウキウキ感がありました。

店内に入ると細かい心使いにリーズナブルなお値段で楽しませてくれ、

「穂のか」との相乗効果もあってか私にとってまた再訪したいお店になりました。

蕎麦居酒屋としての使い勝手良しです。

こちらのようなお店が私の住む近くにないのがとても残念。

武蔵小山、「穂のか」と「ちりん」のセットは侮りがたし!!

この近くに引越ししたいな~~。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計2300円なり~。

THIS IS 明朗会計でござる。

蕎麦居酒屋満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface 

 

ちりん

〒142-0062 東京都品川区小山3-5-20

TEL     03-3719-3778       

営業時間/ 火~金 18:00~24:30 土・日・祝 12:00~15:00 18:00~23:30

定休日     月曜日(祝日の場合は営業、翌火休)

http://www.soba-chillin.com/

東京さぬき倶楽部 花季月(かきづき) 麻布

お一人ランチは麻布十番、東京さぬき倶楽部2階の和食レストラン

厨 花季月」(くりや かきづき)Aicon339

IMG_4048

東京さぬき倶楽部は宿泊施設。香川県人の交流の場でもあるそうですが、

香川県の観光・産品・味覚・文化などを体感してもらう場として一般にも

利用できるようになっています。

IMG_4040

フロント脇の階段を上り「厨 花季月」に到着。 

IMG_4006

入り口には派手なうどんのオブジェ。手作り感たっぷりで素朴です。

しかしこの開け放たれた入り口から中が丸見えです。

IMG_4015 

入ってみると古い食堂の雰囲気。

これは勝手な妄想なのですが、混雑時には相席でガヤガヤ賑わう光景が

目に浮かびそうなイメージです。 

もちろん相席になるのか本当のところは定かではありませんが。

IMG_4011 IMG_4018

メニューの一部になります。

饂飩のトッピングとしては温泉卵105円、たまご55円がありました。

IMG_4025

天ざるうどんrestaurant@1000

天ぷらには天つゆの他にゆかり塩。

うどんの薬味は万能ネギ、大根おろし、摩り下ろし生姜、すだち。

IMG_4029

うどんはもっちりつるるん。 柔らかいわけではありませんが、適度なかたさ。

個人的にはもっと力強い方が好きなのですが、讃岐うどんはこれぐらいの

歯ざわりが適当なのかもしれません。

つゆは鰹節でとったとがったところのないもので風味豊か。

やや甘めに感じました。

IMG_4032

海老2匹、ナス、サツマイモ、人参、しし唐、エリンギ。

衣は軽くさくっとした食感で理想的。上手に揚げられています。 

IMG_4038

天ぷらの人参をゆかり塩でいただこうとしていますdelicious ウマイわ!

 

お店の雰囲気は正直申し上げるといまひとつなのですが、天ざるうどんは

とても美味しくいただけました。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface

比較的空いているようなので、また寄らせていただこう。

IMG_4041

食事を終えて1階奥のロビーにやってきました。

窓の外にはビア庭園(ガーデン)が見えます。

昼の時間帯なので、営業はされていませんが・・・。

IMG_4046

実はこの日、東京さぬき倶楽部に来たのはこのビア庭園の下見です(*^-^)

ということで次回はこちらのビア庭園のレポートをご紹介したいと思います。

 

厨 花季月

〒108-0073 東京都港区三田1-11-9 東京さぬき倶楽部

TEL     03-3455-5551

営業時間/ 11:30~14:00 17:30~22:00(L.O.21:00) 

http://www.sanuki-club.com/

蕎麦恵土 葉山町堀内

1年がかりで今年も「蕎麦 恵土」に向かっていますAicon339

IMG_3747

昨年同様、バス通りから裏の小道に入り六地蔵を奥の左手にみながら、

その手前の道を右折して直進、途中短い距離ですが両脇が墓地です。

IMG_3748

この通りにはお店への道案内もでています。

IMG_3755

到着しました。予約の時間は18時30分。

IMG_3759   

古民家の一軒家。引き戸を開けて入ります。

IMG_3761

夜はコース料理のみ。昨年は鴨料理の入った又は選べるコース料理があったの

ですが、今回、電話を入れたところ鴨料理はなくなり、4600円のコース料理

だけになったとのこと。 同店の鴨料理が美味しかったので残念でなりませんが

こちらのお店の雰囲気が好きなのでひるまず予約をしました。

IMG_3763 IMG_3768 

まずは、お酒を決めましょう。ハートランドビール中ビン@700

IMG_3774 

そばどうふ

夏野菜との土佐酢、冷たくて涼しげな一品。

蕎麦豆腐、モロヘイヤ、コーン、茗荷、大葉、烏賊。

IMG_3777

土佐酢はさっぱりとして品の良い甘さ。

昨年と比べると、こちらには烏賊はなくても良かったのでは・・・。

IMG_3782

かつおのそば寿し、万願寺とうがらしを炊いたもの、鯖、生姜甘酢、

かぼちゃようかん、オクラのお浸し、キュウリの浅漬け。

酒の肴になりそうなお料理がちょこちょこ盛られています。 

IMG_3801

やきみそ

くるみ、青じそ入り。焼き目が香ばしくて、日本酒がほしくなります。

IMG_3766

日本酒のリストは2つ。

IMG_3815

まずは、正雪@1050

IMG_3821

(ノブロー) ごっちゃんです。こりゃウマイだ。オラも日本酒飲みたいだ。 

IMG_3829

(しずか) これ、なあに?いい香りがするね。

(ノブロー) やきみそだ。しずかもやきみそデビューするだ。 

IMG_3836

だし巻き玉子

大根おろしには予め醤油がかかっていました。

私にはこのだし巻き玉子にぴりっとした味わいを感じたのですが、連れはそうでも

なかったようです。 

IMG_3844

(ノブロー) どれどれ、オラもいただくだ。 

IMG_3847

明鏡止水@900

(ノブロー) 日本酒はかたくちってやつで置かれるだ。

日本酒の好きなランちゃんにも飲ませてやりたいだな。 

IMG_3867

加茂茄子とそばがきの揚げだし

Okini02_3 変わらず濃厚な味わいです。ふわっとしたそばがきの食感も良し。

IMG_3868

(ノブロー) 写真の左に見えるのがそばがきだで。 

IMG_3878

天ぷら

かます、タマネギ、かぼちゃ、茗荷。

お塩が添えられてきます。天ぷらは昨年同様、特筆すべき点はなし。 

IMG_3887

(ノブロー) オラは野菜の天ぷらが好きだな。かぼちゃ好きだな。

IMG_3891 グラスワイン@530×2

IMG_3904

せいろ

手打ち感たっぷりのせいろ。喉越しもよく本日はとても美味しく感じました。

写し忘れましたが、そば湯もいただきました。 白濁していて甘みがあります。

IMG_3919

デザート

赤シソと青ウメのシャーベット。

昨年はデザートを選べたのですが今年は決まっているようです。

庭先の見える縁側の2人用の席に移動していただきました。

今年はこの庭先に猫を見かけませんでしたが、野趣あふれる白ユリが2本、

夜風に吹かれ、そっと咲いていました。

IMG_3923

2回目となるといろいろと目についてしまうものなのでしょうか、

昨年とあまり変わらず新発見のない内容に少し物足りなさを感じてしまいましたが

店主お一人で調理なさっていることを考えるとこれも贅沢な希望かもしれません。 

IMG_3924

接客は奥様がお一人で担当。

お忙しくてテーブルもすぐには整えられない状況です。

そんな中、今回も最後の客になってしまった私達。 しかし、追い立てられるわけ

でもなく縁側でゆっくりとデザートを楽しませていただきました。

IMG_3754

時が止まったような感覚をおぼえさせてくれる「蕎麦 恵土

清楚な奥様の笑顔に見送られ今年もお店をあとにしました。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(日本酒お替りの杯数は控え忘れました)

合計12910円なり~。

去年は再訪の目安を記していませんでしたが、

私の中では、★★★★☆ とってもお気に入りでした。今回、鴨料理がなくなり

コース料理の内容に清新さを発見できなかったことが残念に思えたのですが

このお店の雰囲気はとても気に入っておりますし、個人的には年1度の海の帰りの

お楽しみなのです。

★一つ減少しますが

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface                     

蕎麦 恵土(そば えど)

〒240-0112  神奈川県三浦郡葉山町堀内870-7

TEL   046-876-3625

営業時間/ 12:00~15:30(L.O.14:30) 18:00~19:30(L.O)(予約制)

定休日    木曜・第1第3金曜

http://www.sobaedo.com/

松原庵 由比ガ浜

由比ガ浜での海水浴の帰り道、今年も「松原庵」に向かいましたAicon339 

ちなみに去年の松原庵は・・・。

IMG_2422

白地の暖簾をくぐり、敷地内のテラス席のむこうに見えたのは 

IMG_2427

「松原庵CAFE」です。

IMG_2428

昨年最後に訪問した際は工事中でしたが、緑に囲まれたカフェスペースが

左側に出来上がっています。 リラクゼーション効果がありそうですね。 

IMG_2433

しかし、今回も利用はこちら。 

IMG_2435

玄関で、靴を脱ぎ店内へあがらせていただきます。

予約したのは座敷席のほうです。 

IMG_2513

冷酒は高くつきそうなので一番リーズナブルなワインを注文。 

IMG_2462

テラス・ド・ギレム・ソーヴィニヨン・ブランwine@3500 お値段据え置きです。

まだ明るい日差しが残っているうちから一杯飲るのは 至福の時になります。 

IMG_2453

つきだし

キュウリの醤油まめ。以前はつきだしあったかな??

醤油のもろみを使っているのでしょうか、塩辛さがキュウリによく合います。 

IMG_2468

彩り野菜のバーニャカウダrestaurant@1400

新鮮な彩り豊かな野菜を特製のアンチョビソースで。

去年いただいたときと使われている野菜が違います。

野菜本来の甘みとシャキシャキとした歯ごたえが心地よいのです。

IMG_2480

濃厚なアンチョビソースも変わっていません。

IMG_2491

(ノブロー) 今年はオラも一緒だべよ。モロコシ美味そうだな~~。 

IMG_2501

海鮮のあられ揚げrestaurant@1200

蛸、イカ、海老、三つ葉、大葉。

うーーん?どうだろう。去年と比べると今日のは少々衣がベタつき気味かな。

IMG_2519

(ミミ) 岩塩もいただいたよ。

IMG_2539

厚切り鴨ロース肉の炙り焼きrestaurant@1400

変わらず味付けは塩・胡椒。

鴨ロース肉自体は良いのですが、今日は塩がきついような気がします。

IMG_2557

(ノブロー) どれどれ。オラも食べてみるだ。ごっちゃんです。

IMG_2573

焼酎は池の露(芋 熊本)@750

品の良い芋焼酎で飲みやすかったです。

IMG_2579

鴨煮そばrestaurant@1800 

「長時間煮込んだ鴨の出汁と柔らかい鴨の煮込みは相性良し」とメニューに

記されていました。

鴨肉は良いのですが、つゆがすごくしょっぱくて喉が渇きます。

メニューには、鴨南そば@1800もあり、こちらは煮込みではなく

鴨ロース肉を焼きあげたものが入っている様子。

目先を変えて注文したつもりでしたが選択を誤ったかしら。。

IMG_2534

全体的に塩加減のきつさを感じてしまった今回の松原庵。

料理人の方が変わられたのか、単に私のコンディションによるものなのか

残念ながら今年はもう訪問のチャンスがないようなので、また来年確認したい

と思います。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒(追加は同ボトルワイン1、焼酎のお替りは

控え忘れましたがおそらく1杯だと思います)で合計15100円なり~。

去年は再訪の目安を記していませんでしたが、

私の中では★★★★ 積極的に好きでした。今回、味付けなどが以前の印象と

違っていたように感じましたが洗練された雰囲気とアラカルトでお料理を楽しめる点、

そして個人的には海の帰りのお楽しみとして気にいっています。 

☆一つ減少しますが

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface                    

松原庵

〒248-0014 神奈川県鎌倉市由比ガ浜4-10-3

TEL   0467-61-3838

営業時間/11:30-21:00(LO)

定休日/ 無休

手打蕎麦 おざわ 浅草

浅草でのランチは手打蕎麦「おざわAicon339

1

こちらは北千住「大はし」で相席をさせていただいた浅草にお住まいのご夫婦様から

教えていただいたお店です。 とても素敵な笑顔で「美味しいですよ!」とお勧め

くださったので期待でいっぱいです( ´艸`)

場所は昨晩訪問した、どぜう料理「飯田屋」さんの入り口を背にして向かいの路地

を進んだ右手側に位置しており至近距離。

開店と同時に入店。老舗の蕎麦屋とは違ったモダンな内装。小ぢんまりとしていて、

隣の席との間隔も広くはないのですが楚々とした空間作りには好感がもてました。

IMG_9771

私達は窓際のテーブル席を使わせていただくことにしました。 

日本酒の品揃えも豊富。(上のお値段が一合、下のお値段はグラスです)

IMG_9715

黒龍@900あたりからはじめましょう。 

途中で大事な日本酒をひっくり返してテーブルに飲ませてしまいましたbearing

なんということだ!もったいない!!

動転しているとすかさず奥からホールを担当していらっしゃる店主の奥様?が

いらして処理をしてくださったりと、接客は洗練された感じではありませんが普通に

対応してくださいます。

IMG_9711

一品料理を・・・。 

IMG_9728

玉子焼きrestaurant@450

「つくりおきですが温めて・・・」と記した潔さがいい。

見た目も素朴な玉子焼き、なんのなんの取り繕った味わいではなく平均点以上です。

IMG_9733

やあ、チビーズ。玉子焼きをどうぞっ。 今日はノブローはお休みかな?

昨日、ノブローは夜遅くまでもんじゃではじけたからまだ寝てるよー。 

IMG_9745

紋甲烏賊と帆立の薩摩揚げ(四玉)restaurant@750

摩り下ろした生姜と醤油付き。

タコ焼きのようにころんころんと膨らんでいます。

自家製の薩摩揚げですので、揚げたてのぷっくりとした弾力ともちもちとした

食感を楽しめます。

また、下味に塩が入っていますからこのままでも美味しくいただけてしまいます。

IMG_9753

鴨ざるrestaurant@1850 

蕎麦の種類は

つるつるとした食感の細切り、

もちもちとした食感の生粉打ち、

もぐもぐとした食感の太打ち、 の3種類。

鴨ざるに蕎麦の指定がない場合には細切りで供され、生粉打ち・太打ちは

各100円増しでお願いすることができます。

写真は細切りの鴨ざる。 (鴨汁、鴨ざるは昼のみ)

濁りのないすっきりとした鴨汁には焼きネギ、三つ葉、椎茸、焼き鴨肉、

香り付けの柚子。 柚子が入った鴨汁って好きです。個人的に1票!

IMG_9766

Okini02_3 厚切りの鴨肉は4切れ。

かえしと出汁にジューシーな鴨の脂が広がり濃度でまくりです。

やっぱり鴨は旨い!W04

ちなみに鴨汁そばの方は鴨肉のつくねが入っているそうです。

こちらもいただいてみたいです。

IMG_9784

生粉打ちざるrestaurant@850 

やや太めの十割蕎麦、中粗挽きです。つゆは辛すぎず程良い。

コシも強く、十割らしいざらつき感を味わえます。

この生粉打ちそばも少し鴨汁につけていただきましたが、個人的には細切りの方が

みっしり鴨の脂にコーティングされた感じになるので好み。

IMG_9797

そば湯はポットで。鴨汁を最後の一滴まで飲み干しました。

IMG_9712 IMG_9713

はじめての訪問なので一品料理には夜だけのもの、また今回いただいた鴨ざるの

ように昼のみといった日時限定の提供の仕方に最初は戸惑いを感じました。

せっかく来たのに好物の揚げ蕎麦がきや天ぷらといったおつまみにしたい面々が

のきなみ夜のメニューだったのでテンションが上がりにくかったのも事実です。

しかし、鴨ざるをいただいていっきに私の中にあるモヤモヤとした思いは晴れました。

こちらに伺えて良かった。お話に聞いたとおり美味しかった(*^・^)ノ

次回は夜、今回いただけなかったお料理を肴に日本酒、そして〆に美味しい

蕎麦をいただきにあがりましょう。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒(追加で日本酒を数杯)で合計6220円なり~。

日本蕎麦満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface 

 

お ざ わ

〒111-0035 東京都台東区西浅草2-25-15

TEL      03-3841-6450

営業時間/ 月~金 17:30~21:00(L.O) 

        土・日・祝 11:30~14:30(L.O) 17:30~21:00(L.O)

定休日    月曜日・第1・3火曜日(祝日の場合は翌日)

二八庵 さらしん 自由が丘

某日のお母さんと一緒ランチは、自由が丘のおそば屋さん「 二八庵 さらしん

母が友人とよく利用しているお店へ同行しました。

IMG_0198

場所は自由が丘デパートと平行して並ぶ商店街のアーケードの中にあり駅近です。

IMG_0181

店内はテーブル席に小あがりの座敷席。

スペースがゆったりとしているので落ち着いて食事がとれる雰囲気ではあります。

今回は小あがりの座敷席利用。

IMG_0179

メニューの一部ですが、けっこういいお値段であります。

この日は蒸し暑かったので、冷たいおそばをいただこうということで・・・。

IMG_0183

               小海老せいろrestaurant@1500

おそばの量は気持ち少なめ。

白くて細いおそばは適度にコシもあり、滑りも悪くありません。

IMG_0193

軽い衣で一つ一つ揚げられた熱々の小海老に大根おろし。上には大葉の千切りが

散らされています。これにそばつゆを入れていただくのですが、やや甘め。 

そば湯も運ばれてきましたが、あっさりしていました。

IMG_0200

お買い物帰りの地元の奥様やご年配のご夫婦、お一人様でも気軽に立ち寄れる

空気感を持っています。

また、おつまみも置いてありますので、おそば屋さんで軽く一杯という使い方も

できるのでしょうが、私にはあまりに身近すぎてそうした利用をしたことはありませんし、

個人的な意見としては、ささっとおそばをいただいてひきあげるのによろしいかと

思っています。

同店はかなり昔からあるのですが、町のおそば屋さんの綺麗バージョンという感じで、

母をはじめ女性受けの良いお店だなあと見ております。

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface

 

二八庵 さらしん

〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-29-4

TEL      03-3717-1097

営業時間/火~金 11:00~15:00 火~金 17:00~21:00(L.O.20:40) 

        土・日・祝 11:00~21:00(L.O.20:40) 

定休日   月曜日

上野藪そば

春風亭小朝さんの独演会の帰りに「上野藪そば」に寄りました。

こちらを選んだ理由としては、上野にある他のおそば屋さんと比べ閉店時間が

幾分か遅いことと、つまみも豊富であるという情報をキャッチしたためです。

IMG_7220

駅から徒歩3分と言う立地も時間がないときにはありがたいのです。

IMG_7226 IMG_7224

まずは、おつまみを・・・。情報どおり品数も豊富です。

IMG_7231

                  玉子厚焼きrestaurant@790

やや甘めで少々舌にざらつく感じ、ふんわりとと言うよりしっかり焼かれて艶々と

健康そのもので充実感あり。

好みにもよるでしょうが、お江戸の粋を感じさせてくれます。

IMG_7228 IMG_7235

蕎麦玉@1800を注文。 蕎麦味噌が添えられてきました。

お酒を注文すると蕎麦味噌が添えられるあたりは並木藪蕎麦 同様下町の

お蕎麦屋さんに来たのだなあと実感しますcatface

IMG_7249

このあとのつまみですが、やっぱり鴨ですよね。

でも「あいやき」ぐらいでは足りないわ。・・・そこで

IMG_7241

                鴨鍋そばがきrestaurant@2000

鴨とそばがき以外にも食材がぎっしり入っています。これはいいっ。 

IMG_7263

卓上でカセットコンロを使います。

鴨肉自体は時期ではないため煮詰まるにしたがいゴワゴワとした食感は否めない

のですが、鴨の脂の旨味がじゅわわ~とそばがきや他の食材にもしみこんで、

感動的にリッチな味わいを楽しめます。

IMG_7292

                せいろう@750+300

せいろうを+300円で大盛りにしました。

北海道産旭川市江丹別のそば粉を使用。

そばの香りを強く感じられなかったものの程よいコシもあり、まずまず満足。

蕎麦汁は辛め。 鴨鍋そばがきのスープもですが、鰹出汁がきいています。

IMG_7307

菊正宗(一合)@650  焼酎も空いてしまったので日本酒を一合。

IMG_7298 IMG_7278

銅製のポットに入った蕎麦湯もクリーミーで滑らか。 

IMG_7221

今回利用したのは1階テーブル席。化粧室が2階にあるので覗いてみたところ

2階はテーブル席に座敷席のようでした。

いささか1階席は落ち着かず、老舗の風情を感じられないところが残念でしたが

酒飲みのそば屋としても使い勝手が良いのは嬉しい。

また、つまみやそばについては強いインパクトはないものの、全体的に

まとまっている感じがしました。


Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計6290円なり~。

日本蕎麦満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface 

 

上野藪そば

〒110-0005  東京都台東区上野6-9-16

TEL      03-3831-4728

営業時間/ 11:30~20:30

定休日    水曜日

 

京都旅行2010春 №19 昼食

ということで、北野天満宮東門近くのお店でランチです。

IMG_4908

天ぷらうどんと玉子丼のセット。 写真は天ぷらうどん。

IMG_4913

にしんそばと玉子丼のセット。 写真はにしんそば。 

IMG_4917

セットの玉子丼です。 

IMG_4918 漬物つき。

お店はおばちゃんがお一人で切り盛りなさっていました。

お昼時忙しくさせちゃってごめんね。

どちらのセットも800~900円くらい。 さくっといただきご馳走さま(-人-) 

皆で食べればご飯は美味しい。お腹も満ちました。

残りのお花見を消化すべく車で移動いたしま~すCarbutadash

京都旅行2010春 №3 岡北

初日のランチは京うどん生蕎麦の「岡北Aicon339

IMG_4159 

2009年秋には隣の「山元麺蔵」へ訪問したので、場所を変え、カレーうどんの老舗

味味香を予定していたところ、同店は、土・日・祝以外お昼の営業はなさっていない

とのことで急遽「岡北」に変更しました。

店内に入ると和モダンな造りでまとめられ、洒落ています。 接客応対も実に丁寧。

4

お昼時でしたが、幸い待ちのお客様は1組。

この間にメニューを渡され注文を決めます。

IMG_6156

メニューの一部になります。

うん、すっかり気分はカレーうどんなので、この中から選ぼう。

5

ミニ丼も用意されています。私のイメージとしては、おいなりさんなどがあるのかと

思っていたら違いました。勉強不足だったようです。

IMG_4164 

まずは、瓶ビール(大)@650

IMG_4189   

              おてがる天せいろrestaurant@1200

IMG_4193 

海老一尾、野菜など四種。

ごま油の香りを感じました。からりとさっくり上手に揚がっていますshine

IMG_4199

艶やかで美しいうどん。

つゆは甘め。薬味は刻みネギ、大根おろし、すりおろし生姜。

IMG_4177

                きつねカレーrestaurant@850

昆布ベースだと思いますが、お出汁のきいた甘めのカレー。

お揚げは短冊状に刻まれています。

1

うどんとしては細めに思えます。つるっと滑りはよいのですが、強いコシはなく

もちっとしながら柔らかめ。

かなり品が良く仕上がっているように思えました。

 

うどんに強いコシを求めたい私としては、ちょっと物足りなさを感じてしまいます。

今回の感想としては、うどんをいただくにあたっては冷たい天せいろのほうが

きゅっとしまって好み。天ぷらも美味しいし。

きつねカレーは熱々の餡がからみ、もたもたしていると、もっとうどんが

はんなりしてきてしまう。

温かいうどんをいただくにあたっては、もっとダイレクトにお出汁を味わえる

メニューを選択したほうがよかったのかな??とも思いながら

結局は最後の一滴まで飲み干していたのでした( ̄▽ ̄) ウマイノネ。 

ご馳走さまでした~Udon


Hand01 お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計2700円なり~。 

旅先ですが、ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface

 

岡 北

〒606-8334  京都府京都市左京区岡崎南御所町34

TEL        075-771-4831

営業時間/  11:00~20:00

定休日     火曜日

http://www.kyoto-okakita.com/   

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01-1.みにの外食グルメ★★★★以上 | 01-2.みにの外食グルメ★★★☆ | 02-1.中華料理 | 02-2.担担麺 | 03.ラーメン | 04.韓国料理 | 05.エスニック | 06.カレー | 07.蕎麦・うどん | 08.寿司 | 09.鰻・どじょう・穴子 | 10.とんかつ・天ぷら | 11-1.和食全般 | 11-2.和食 丼 | 11-3.和食屋・居酒屋の定食 | 11-4.和食 鍋 | 12.イタリアン | 13.フレンチ | 14.スペイン | 15-1.洋食 西洋各国料理 | 15-2.洋食屋ランチメニュー | 16.グルメバーガー | 17.Bar・カフェ | 18-1.居酒屋 | 18-2.居酒屋 | 19.お一人ランチ | 20.寝太郎のぐるめコーナー | 21.内飯・弁当・土産・取寄せ | 22.競馬の話 | 23.ぬいさんの話 | 24.免責事項等 | A-01.飲食 目黒・武蔵小山 | A-02.飲食 中目黒・祐天寺 | A-03.飲食 学芸大学・自由が丘 | A-04.飲食 渋谷・恵比寿 | A-05.飲食 新宿・新宿御苑・新大久保 | A-06.飲食 神楽坂 | A-07.飲食 田町・三田 | A-08.飲食 白金 | A-09.飲食 麻布 | A-10.飲食 赤坂・六本木・青山 | A-11.飲食 日本橋・三越前 | A-12.飲食 新橋・銀座他 | A-13.飲食 蒲田・大森・五反田・品川 | A-14.飲食 上野・浅草・北千住 | A-15.飲食 その他23区 | B-1.飲食 川崎・横浜 | B-2.飲食 元町・山下町 | B-3.飲食 鎌倉・葉山 | B-4.元町中華街 中華特集 | C.飲食 北海道 | D.飲食 京都 | E.飲食 神戸・淡路 | F.飲食 九州 | G.飲食 千葉 | お出かけ・横浜 | 旅行・九州 | 旅行・京都 | 旅行・北海道 | 旅行・四国 | 旅行・地域 | 旅行・神戸・淡路 | 日記・コラム・つぶやき | 海水浴