2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ウェザーニュース

最近のトラックバック

カレンダー

無料ブログはココログ

おにぎりくん

管理人より

  • 当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。

13.フレンチ

シェフルール横濱

小雨降る横浜、ランチにお邪魔したのはフレンチ「シェフルール横濱」   

IMG_0539

場所は横浜駅西口から川沿いを歩き、 途中を右折するのですが徒歩10分

ほどが目安。

お店のHPを拝見したところ和フレンチとのこと、食材にこだわった創作料理に

着目して連れが予め数日前に電話を入れておいてくれました。

席の予約?

それもありますが、飲んべえの私達、いつも2本はいただいてしまいます。

お店のHPに記されている最もリーズナブルな3000円のワイン「その他の白」

「その他の赤」についての確認です。 

「あります」ということなので安心して席を予約、料理についてはお店へ到着して

から決めることにしました。

IMG_0543

ランチコースメニューです。

ブルゴーニュ(平日限定)@1890
コルトン @2625
シャンベルタン@3675
モンラッシュ@5250

本日のお魚はヒメジのポワレ、お肉は鴨のロースト、

パスタは渡り蟹のトマトクリームソースとのこと。

 

美味しそう、シェアしてお肉もお魚も食べたいわ。ボリューム的には

どうでしょうかとお聞きしたところ、それほどではありませんとのこと。

ならばパスタは各自必食としてシャンベルタン@3675×2に決定。

IMG_0561

(ノブロー) 早めのクリスマスからの帰りだでオラ達も一緒だで。

コース内容をあらためて記録するだ。

シャンベルタンは

  1. アミューズ
  2. シェ・フルール風オードブル
  3. 魚料理・パスタ料理・肉料理 三種より。二品お選びください
  4. パン
  5. コーヒー
  6. デザート      

 になっているだよ。 

IMG_0567

ワインリストをいただいたところ4000円以上からのワインのみ。
3000円のワインが記されていませんでいた。

女性スタッフの方に3000円のワインがあるということを電話で確認したのですが

と申し上げると、他の男性スタッフの方?がいらしていま入荷がありませんとの話。

えっ?! そんなぁ・・・。さらっとおっしゃられても・・・。

IMG_0625

パスカル・トソ@4000

コース料理も注文してしまいましたし、ないものはもう仕方ない。

結局先ほどのワインリストから、サイクルズ・グラディエーター・シャルドネ

@4000を選んだのですがこれも在庫ぎれ。いささかテンションが下がります。

こちらの白ワイン、フルーティーな中にナッツの風味を感じさせるものでした。

IMG_0571

アミューズ。

トマトを使ったコンソメのジュレ。 ほんのりとした甘さも爽やか。

ちょっとだけご機嫌なおったぞYahho01  

IMG_0593   

シェ・フルール風オードブル。

細長い木製のトレイに並べられたオードブル。このあたりが和でしょうか。

同店にはお箸も用意されておりまして、こちらはその箸でお召し上がりください

とのこと。

IMG_0590

・大山地鶏のサラダ 生姜ドレッシング

大山地鶏はしっとりとして旨みあり、美味しいのですが、少々見た目が寂しく

感じるのは盛り付けられた器の影響かな。

IMG_0598

・大山地鶏のガランティーヌ 

きんぴらを大山地鶏で巻いた筒状の冷菜になります。

・パテ・ド・カンパーニュ(くるみ、干しぶどう)はニンニクの風味が効いてます。

・ひとみ五寸人参のムース、人参独特のくさみはなく、とても甘い。

・スモークサーモン

・ピクルス

IMG_0591

・ 聖護院大根のスープ

素材の持ち味を生かしたさらりとした冷たいスープ、美味いW04

・オマール海老とジャガイモのタルタル

IMG_0627

(ノブロー) ハチ、そんなにパン好きだか。おめ見てると憎めねえな。

(ハチロー) むしゃむしゃ・・ウマイだ、ノブも食うてみるだよ。

パンにバターはねえけど、なくなるとパンお替りくれるだ。嬉しいだ。

IMG_0653

ペッパー・ウッド・カベルネ@4000 

IMG_9349

鴨のロースト。

ソースにはエシャロットと黒胡椒を使われている様子。

食欲をそそるルックスですが、やや硬く旨みの深みもいまひとつ。不思議。

IMG_0619

(タクロー&カズロー&スズロー) フレンチ、オラ達もごっちゃんになりてえだー。

IMG_9358

ヒメジのポワレ。

お皿を彩るのはカブの葉のソース。ヒメジの上にはタマネギとケッパー。

しっとりとした魚の身、旨みも十分。

個人的な偏好によるものですが、ヒメジの方がタイプ。


どちらも野菜は有機野菜を使用なさっているとのこと。(大根、カブ、ブロッコリー、
カボチャ、人参、カリフラワー、はつか大根など) 

IMG_0616

(ノブロー) 野菜が直球勝負って感じでうめえだな。 

IMG_0639 

渡り蟹のトマトクリームソース。

ちょっと想像していたものと違いました。 

IMG_0645

もっと濃厚で絡みつくようなものが好み。味わいは普通。 

IMG_0659   

デザート。

リンゴのジェリー、ブランマンジェ、チョコレートケーキ、八海山の酒粕で作った

自家製のアイスクリーム。 

IMG_0673 

(ノブロー) 酒粕アイス、ランちゃん好きだべか?

coldsweats01 うーーん、どうかな。

でも、この酒粕アイスは私も気にいっちゃったし、お薦めしたいねっ。

IMG_0681

コーヒー。

(ノブロー) ブラックで飲むだ?オラはミルクたっぷりがええだなー。

IMG_0665

お店は女性客を中心に盛況でした。

ちょこちょことした前菜の提供、有機野菜使いなど、女性に好まれそうな要素が

たくさんあります。

しかし、私が意識してしまったのはお客様がお帰りになってもなかなかテーブルを

片付けないことです。  また、ゆっくりさせていただいて私達がランチタイム最後の

客になってしまいましたが、閉店前15分に空調が切られてしまいました。

雨の日なのに寒いです。

良いところも多々あるのですが、しっくりいかない印象が残ってしまって

残念でした。 夜に訪問させていただけばまた別のお店の素敵な一面を発見する

ことができるのでしょうか。 これは、今後の私の宿題にします。

 

お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計15350円なり〜。

フランス料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足です。

※追記(H23.3/9) 当該記事は食べログに投稿していたのですが
「冬に空調・暖房を切ったことは一度もありません。」
との同店からお問い合わせが寄せられたそうです。
不本意なトラブルを避けるという意味で食べログからは
写真を含め全文削除いたしました。

 

シェフルール横濱

〒220-0004 神奈川県横浜市西区北幸2-12-26 Felice横浜 1F

TEL       045-342-6292

営業時間/ 平日・土日・祝日 11:30~15:30(L.O.)14:00

                                          17:30~23:00(L.O.)21:30

定休日    水曜

http://www.chaifleurs.net/ 

シノワ 渋谷店

渋谷のフレンチ・ワインバー「シノワ」にお邪魔しましたAicon339

IMG_6382 

渋谷駅から向かうとファッションビル「109」で道が右手と左手に分かれますが、

右手側、東急百貨店本店方面に進行します。

私にとって渋谷は苦手な街なのですが懐かしくもあります。

小さいころはこの渋谷が最も身近な街。小学生のころの遊び場はもっぱら

この東急百貨店本店の屋上にある遊園地?だったのですが、ここに行くにも

駅から送迎バスが出ていたのです。まだあるのかな~。

しかし歩きにくい、いつから渋谷はこんな街になったんだろうweep ストレス倍増。

ちょっとカチカチしながら歩くとビルの前にはメニューがでていました。

IMG_6383

一応、撮っておくか。今日はテンションがあがらないわ。ここまではそんな心境でした。

 

エレベーターに乗り8階で降りると、いきなりシックな造りの内装に落ち着いた

雰囲気の店内。

渋谷にしては・・・いや油断ならないわ。まだまだ安心できない。

ヒトゴミを歩いてきたせいか、精神的にぴりぴりとしていました。

 

私達に気がつくとスタッフの方が急いで駆け寄ってきてくださいました。

予約の旨を伝えると、入り口から進んで右側のテーブル席かカウンター席、

どちらを利用でもかまいませんとのこと。テーブル席の配置が隣にお客様が

いらした場合、少々窮屈になるのではないかと感じたためカウンター席でゆっくり

やらせていただくことにしました。なお、後からお聞きしたのですがテラス席のある

左側が喫煙席になっているとのことで分煙されています。

本日のお目当てはこちらのシャンパンブランチ。3980円。

(グラスシャンパンに前菜・主菜・デザート・パン・コーヒーがつきます。)

前菜・主菜・デザートはメニューより選ぶプリフィクス形式です。

さらにここにグラスワインのフリードリンク1900円をつけて、一人5880円の予算です。 

IMG_6392

カウンター席の一番奥に座りました。下には荷物をかけるフックがついています。

シャンパンブランチなので最初の一杯だけはグラスシャンパンをいただけます。 

IMG_6417

(アミューズ) フレッシュグリーンオリーブ

写真奥はパン用のオリーブオイルと塩。

IMG_6421

こちらは本日のグラスワインのリスト。

私達はたくさん飲むのでフリードリンクをつけていますが、別にグラスワインを

試してみたい場合はこちらから選ぶことも可能です。

赤・白ともに840円から置かれていました。

 

さて、カウンター席ではカウンター内のソムリエールが私達の担当という感じで、

お料理の内容や進行具合をみてワインをサーブしてくださいましたYahho01

ひょっとしたらなのですが、いつも目の届く位置にいらしていただけるので

テーブル席より特別感があるかも( ´艸`) カウンター席バンザイ!!

ワインのフリードリンクは赤・白ともにまず3種類ご紹介していただいて、

そのあとはその中から気に入ったものを選んでお願いするというシステムだそうです。

IMG_6427

(白・1杯目) SILENI ソーヴィニヨン・ブラン  ニュージーランド

ソムリエールのご説明によると、清涼感のあるワイン。

私的には、シャパシャパ飲めちゃう口あたりの良いワイン。
連れ的には、フルーティだが、すっきりしていやらしさのないワイン という印象。

IMG_6437

(前菜) 山形産三元豚の田舎風パテ 

ピクルス、粒マスタード、パテの上には粗挽き黒胡椒とオイルがかかっています。

このオイルが何かは不明。

パテはしっかりとした食感で、三元豚の旨みが濃縮されたようなリッチなお味 

IMG_6455

(前菜) 戻りガツオのグリル アボカドのタルタル添え バルサミコソース

戻りガツオは人気なんですよ。とソムリエール。

アボカド、玉子のサラダ、カツオ、茗荷、紫蘇の実、バルサミコ酢、粗挽き黒胡椒。

グリルされたカツオが香ばしい。激烈ウマしW04 大事にいただこーっと。

IMG_6460

(白・2杯目) VINUS シャルドネ 南仏ラングドック地方 

カツオにいかがでしょう。
白ワインの2杯目はこちらをおすすめしてくださいました。

ソムリエールのご説明は、
ナッツ、バターのフレーヴァー、口あたり滑らかでグリルした焼き目をやわらげ
アボカドにも合うと思います。

私的には、2杯目のこの白ワインのほうが好き。
連れ的には、しっかりとして料理に負けていない(それなりに濃厚) という印象。

(赤・1杯目) Cuvee des Galets(キュヴェ・デ・ガレ) グルナッシュ主体
        南仏ラングドック地方

三元豚にはこちらはいかがでしょう。

ソムリエールのご説明は、
黒胡椒のようなスパイシーさとほんのりとした甘さのワイン。

私的には、あまりタイプではない。重たい。
連れ的には、パテにめちゃめちゃ合う、もっとガブガブ飲みたくなる という印象。

IMG_6479

(ノブロー) シェアして、ワインをグイグイやっとるな。オラも参加するで。

ワインが並ぶってのも贅沢な気持ちになるだな。 

IMG_6467

(パン)

塩はなかなか良いものではないかな。

パンはごく普通。前菜が素晴らしかったせいかパンは見劣り気味。

料理との釣り合いから考えると残念に思えてしまいます。

IMG_6501

(チビーズ) でも、ボク達はパンが一番すき。 意地悪言わないでほしいよ。

ごめん、ごめん。チビーズの好物はパンだったね。

IMG_6495

(赤・2杯目) OMRAH ピノノワール 西オーストラリア

カツオまだ残ってらっしゃいますか?カツオの2杯目として
赤ワインの2杯目はこちらをおすすめしてくださいました。

ソムリエールのご説明は、
ベリー系、果実もしっかり。
「カツオには赤」とおっしゃられる方もいらっしゃいますので。

私的には、喉越し香りとも違和感がなくすんなり飲めます。美味しかった。

IMG_6497

(ノブロー) たーんとグラスワインを楽しめるだな。 

それもこれもソムリエールの姉さんがきちんと勉強しているからだで。

感謝するだ。

IMG_6507

(白・3杯目) LA PASSION BLANC グルナッシュ・ブラン 南仏ルーション
        
料理に合わせるという形ではなく3杯目のワインとしてご紹介いただけました。

ソムリエールのご説明は、
バナナなどの果物の香り。酸味がしっかりしているのでドライ。

ポップなデザインが可愛い1本lovely
私的には、「水」のようにいくらでも飲めそう。冷蔵庫に水代わりに入れて
日常使いしたくなる。
連れ的には、はじめて飲む味、くるみのような木の実の香り  という印象。

IMG_6517

(ノブロー) オラ、いい気持ちになってきただーー。 

あっ、ノブローさんも今までの全部飲んでいたのねsweat01 

身体小さいんだからそれはキクわよっ。

IMG_6518

(主菜) ハンガリー産マンガリッツァ豚のロースト 粒マスタードソース 

お皿も温めてあります。さらりとした粒マスタードソース。

IMG_6524

ふっくらとした食感。赤身の部分も脂もナチュラルな肉の甘みを感じます。 

IMG_6566

(ノブロー) 豚のローストたって、どうしてどうしてリッチだで。 

ノブローさん、ろれつが回ってないの??大丈夫?

IMG_6548

(赤・3杯目) Recorba リベラ・デル・デュエロ テンプラリーニョ スペイン

ソムリエールのご説明は、
独特な香り、深み、地域によって違います。野性的でほどよく渋みもあり。

連れ的には、スケール感があって確かに男っぽい  という印象。        

IMG_6551

(主菜) マスカルポーネの入った比内地鶏のメンチカツ 枯木柚子風味 

あらっ、ふっくら丸くて可愛らしいメンチカツ。

IMG_6554

ナイフを入れるととろーりマスカルポーネ。鶏ミンチの中には柚子なども

入っていて和を感じさせる上品なお味。

こちらには、柑橘系同士ということで2杯目でいただいたシャルドネを出して

くださいました。

メンチカツも良かったのですが、豚のローストをいただくと直球感覚で美味しかった。

鴨も牛ステーキも美味かったに違いないと、変化球を選んでしまったことが

個人の観点で少々悔やまれました。

IMG_6572

(ノブロー) 彼女はええソムリエールだ。仕事に一生懸命だで。働く姿は美しいだ。

笑顔が可愛いし、オラの好みの彼女だなあheart

coldsweats01 またですかっ。ノブローさん。 いつものように叶わぬ恋が多いわ。

お仕事の邪魔にならないようにね。

憧れのソムリエールはワイングラスをやかんの湯気で拭いてらっしゃるのよ。

IMG_6580

(ノブロー) 寝太郎、何を見てるだ? オラにもう一杯ワイン飲ませてくれだ。

(寝太郎) おいおい、ノブロー飲みすぎだぞっ。 

IMG_6586

(デザート) フランス産山栗のパフェ 

私のチョイス!パフェ最高~~Yahho01 

久しぶりです、パフェと呼べるものをいただくのは。

チョコレートのムース、蜂蜜と練乳のアイスクリーム。

オレオクッキーのようなものも入ってますから混ぜ混ぜしていただきました。

この食感がたまらない。間違いなく美味しかった お替りしたいぐらいでした。

IMG_6598

(デザート) フレッシュいちぢくのタルトレット 

連れチョイス!

フィナンシェを半分けをして生クリーム、いちぢく、ミント。

アイスクリームはパフェと同様、蜂蜜と練乳。

いちぢくの爽やかさとフィナンシェの軽さがエレガントなデザート。

IMG_6603

コーヒーではなくエスプレッソでお願いしたと思うのですが、
この写真は?・・・失念。

IMG_6605

ノブローさんも飲んで。酔っ払ってたら置いてくわよっ。

(ノブロー) ソムリエールの彼女と別れは寂しいだな・・・。 また顔見にきたいだよ。

わかった、わかった。ひとまず撤収するわよ。

IMG_6611

笑顔の綺麗なソムリエールの接客は素晴らしかった。

さりげなくお料理の内容や進行具合を見て、ワインをコントロール、そのタイミングも

ばっちりでした。 しかも邪魔にならず流れるような自然体。

彼女にまかせよう、ゆだねたくなる様なサービスは、MAXIVIN以来はじめて

かもしれません。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計11760円なり~。

このお値段にしてマリアージュを考えたお料理に合うワインの提供。

心弾む、なかみの伴った時間をいただけました。

今回利用したシャンパンブランチ&ワインに限りますが

満足度数は、★★★★★ 特別ですcatface   要再訪(*^・^)ノ

私にとって苦手な渋谷の街も、このお店目当てにまた訪れてみたい街に

変わるような気がします。

 

大事な記録を・・・

ワイン、最終的には私も連れもOMRAHを一番よくいただいたようでした。

帰宅後、早々と爆睡です。

 

シノワ 渋谷店

〒150-0042 東京都渋谷区宇田川町28-4 A2ビル 8F

TEL       03-5457-2412

営業時間/  月~土 18:00~02:00 日・祝 18:00~翌0:00        

        ランチ 土・日・祝 12:00~16:30

定休日     無休

http://chinois.jp

キャス・クルート 目黒

休日のランチに目黒のフレンチ「キャスクルート」にお邪魔しました。

IMG_4298

目黒、権の助坂をくだり 歩道橋を目印にして左折、住宅街のような静かな立地。

道の右側にフランスの国旗が出ていました。

IMG_4306

こちらではリーズナブルなプリフィクス・ランチがいただけるというお話。

(ただし、日祝日は¥2,000からのご用意となります。とのこと。)

予約の時間は12時30分。

カジュアルな雰囲気の店内、奥のテーブル席にご案内いただけました。

席の間隔はさほど広くは感じませんでしたが、見回すとお客様で5割ぐらい

埋まっていたように思えます。

せっかくなので魚とお肉 両方楽しめる贅沢ランチ@2500×2で

お願いすることにしました。

IMG_4303

オードブルの中から 

IMG_4324

焼き立てキッシュ サラダ添え

しっとりとしたキッシュ。お願いした時点ですでに残り少ないようでした。

ローズマリーがかなり効いております。

IMG_4328

定番!豚肉のテリーヌ自家製シャルキュトリーの盛り合わせ

17年前からのレシピをそのままにと記されたシャルキュトリー、

豚肉・鶏肉ともにニンニクの加減がよく滑らかで、舌にまとわりつき浸透していく

豊潤な旨み、これはワインが進んでしまいます。

IMG_4335

(ノブロー) これをちびりちびり、バゲットに塗ってワインを飲るだ。

昼の酒は格別だで、しずかもいってみるか? 

IMG_4337

ワインはお店の方で管理してくださいます。 

IMG_4350

お魚料理は

真鯛のポワレ ブールブランソース

個人的には塩が薄く感じたのですが、接客対応してくださったホールスタッフの

お姉さんのお話によると、この後のお肉料理がしっかりとした濃い目の味付けに

なっているため控えめになさってらっしゃるとのこと。

IMG_4364

(ノブロー) 全体の料理構成のバランスを考えているだな。

IMG_4304

お肉料理は、仔羊の煮込みナヴァラン風をお願いしたかったのですが完売とのこと。

えっ、12時30分で売り切れ?!お店の開店は11時30分のはずですが、残念。

お昼の閉店真近ならまだしも開店後1時間ほどで、プリフィクス・ランチに完売や

残り少ないとのお答がかえってくると、正直テンションがあがらなくなってしまいます。

IMG_4373

豚肉のロースト プルーン・ソース

マッシュポテトを敷いています。付け合せはきのこのソテー。

プルーンをもう少し裏ごしをした滑らかなソースでいただきたかったのですが

プルーン・ソースがぽってりとして重たい感じがしました。 

IMG_4398

12時間かけて煮込んだ豚バラ肉のコンフェ

こちらも付け合せはマッシュポテトときのこのソテー。

低温の油で揚げた豚バラ肉をオーブンで表面をかりっと焼き上げて

いるものと思われます。

塩加減は良いのですが食べすすめるとあぶらっぽさを感じてしまいました。

IMG_4305

デザートは連れも私も焼き菓子アイスクリーム添えに。

焼き菓子を拝見しにショーケースまで移動。

IMG_4410

ミックスベリーのクラフティと塩キャラメルのアイスクリーム

いくつかある焼き菓子の中から私がチョイスしたのはミックスベリー。

まだホールのままだったのでカットをお願いするのに戸惑っていると、先ほどの

スタッフのお姉さんがにっこり微笑んで「いずれは切られる運命ですから」と

お答えくださいました。 ナチュラルな対応に好感度。

甘酸っぱいミックスベリーにやわらかいあまさの塩キャラメル、好みです。

IMG_4413

くるみのタルトと塩キャラメルのアイスクリーム

こちらはお連れさんチョイス。たっぷり入ったくるみの食感の良さ。

間違いのない味ですね、美味しい。

IMG_4420

紅茶とコーヒー 

IMG_4311 IMG_4313

さて、今回ワインを写すのを失念してしまいましたが、赤・白ともに3000円の

ものをいただいております。 

IMG_4302

カジュアルさが普段使いにも嬉しい「キャス・クルート」

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計11000円なり~。

フランス料理満足度数は★★★ 日常的なら満足ですcatface 

 

キャス・クルート

〒153-0064 東京都目黒区下目黒1-3-4 ベルグリーン目黒 B1

TEL            03-5487-3608          

営業時間/  11:30~15:00(L.O14:00) 18:00~22:30(L.O21:30)

定休日     月曜日

神戸・淡路旅行 №8 ラウンジ&ダイニング「ピア」

神戸メリケンパークオリエンタルホテル。

花火のあとのお楽しみは、ラウンジ&ダイニング「ピア」でフレンチのエッセンスを

効かせたヨーロピアンフュージョン料理の会食です。

IMG_2951

ご案内していただけたのは窓際のテーブル席。

窓の外にはモザイクガーデンの観覧車のイルミネーションや水面に映りこむキラキラ

とした夜景が鮮やかでした。

IMG_2955

スパークリングワインから、ガゼラ(ポルトガル) 4人ですのでボトルで注文。 

IMG_2957

食前のお楽しみ

鶏肉を使った小さい前菜 グリーンマスタードソース

正式名は失念してしまいました。しっかりとした歯ざわりの鶏肉は淡白な旨味に

溢れています。

IMG_2963

~前菜~

明石鯛のカルパッチョ 淡路産由良雲丹とキャビア カラスミを添えて
ベビーリーフと香草のサラダ仕立て

IMG_2968

もっちりとした身の明石鯛、由良の雲丹、地物を使ったなんとも贅沢な前菜です。

IMG_2964

Panda006 美味そうだなぁ。綺麗だなぁ。

また出てきたわね。ノブローさんも花火楽しめたかしら?

IMG_2972 IMG_2966

パンは3種類出していただけました。

ノブローさん、ご夫妻さんのご好意に甘えて、すっかり旅のお食事メンバー入り

させてもらっているわね。

Panda006 みにはオラのこと忘れかけるがご夫妻さんはオラの飯を気にかけてくれるだ。
    良い人だ。みにも見習ってほしいだ。

IMG_2981

~前菜~

オマール海老のプリンにタラバ蟹とセロリ菜のサラダ
生クリームのヨーグルトにトマトゼリー 木の芽の香り

口の中にしっとりと滑らかに広がるオマール海老の風味にコクとマイルドな酸味の

かけ合わさったソースがベストマッチ。見た目も涼やかで美味しい前菜です。 

IMG_2977

これも美味しそうだなぁ。彩りも鮮やかで、オラこれを今日の一等賞にするだ。 

IMG_2983

~魚料理~

舌平目に伊勢海老のフリカッセを詰めたポーピエットのパイ包み焼き
青葱のクーリーソースに粒マスタード風味の仔牛のジューソース

2種類のソースで楽しめます。ボリュームたっぷりの魚料理で肉料理をいただいて

いるような充実感がありました。

IMG_2987

魚はパイの中にかくれんぼしているだ。

IMG_2992   

~お口直しのグラニテ~

赤しそとミックスベリーのグラニテ。 さっぱりと大人味です。

IMG_2998

~メインディッシュ~

黒毛和牛ロース肉のローストにフォアグラのソテー
ローズマリー風味の黒胡椒ソース

柔らかくてジューシーな黒毛和牛は噛み締めるほどに上質な旨味が広がり、

濃厚なフォアグラのソテーが味に一段と深みを持たせてくれます。

IMG_3002

こりゃ、すごいだ。オラ、こんなの食べたことないだ。

いいのかな、ごっちゃんです!するだよ。

・・・私も普段食べつけてないから、けっこうヘビーになってきたわよ。

IMG_3005

みんなでワインも飲んだな。

白ワインはオブセッション(アメリカ)、赤ワインはグラディウム(スペイン)だ。

IMG_3011

~デザート~

無花果のコンポートにシナモン風味の赤ワインジュレ
バニラのシブストにライムのグラニテを添えて

無花果の甘さが優しいひんやりデザート。

表面にナッツがかけられているので食感も楽しかったです。

IMG_3022

コーヒーとプティフールはプラリネ。

満腹です・・・(´・`)。

予約は20:30でしたが、テラスからの移動時間もあるので、おそらく40分頃から

コース料理をいただいたと思うのですが、周りを見回すと私達が最後の客になって

いました。花火イベント期間中ということもあり通常営業時間より過ぎていたのでは

ないでしょうか。

IMG_3025

Hand014人で利用、お会計は、

といきたいところなのですが、実はご馳走になっているので金額がわかりません。

フルボトルのワインなどは6000円台であったと記憶しています。

花火鑑賞あとの楽しい会食。満足度数は100!(*^-^)

ご馳走にもなっております。他の評価は見送ることにいたしますcatface 

 

メリケンパークに溢れていた花火客もすっかりひけて、帰りはタクシーであっと

いう間に神戸ポートピアホテルに到着できました。実に快適( ̄▽ ̄)!

 

ラウンジ&ダイニング「ピア」

〒650-0022    兵庫県神戸市中央区波止場町5-6 神戸メリケンパーク
         オリエンタルホテル 3F

TEL      0120-86-9222

営業時間/  8:00~22:00(L.O.21:30)

定休日/   無休

http://www.kobe-orientalhotel.co.jp/

ル・プティクラージュ 元町

元町メインストリートを石川町方面に向かって歩いているとフランスの国旗が

目に映りました。お店の名前を見ると・・あれ?「ル プティ クラージュ」だっW01

IMG_8028

元町の裏道、閑静な住宅街の中にあった「ル プティ クラージュ」がメインストリートに

お引越しをしていたのです。こちらは2009年のホワイトデーに初めて訪問。

人に教えたくはないような、素晴らしさを共有したいような感動をもたらしてくれた

お店であり、1月もたたぬうちにまたランチに再訪したお気に入りです。

今日のディナーはここにしようっ!連れと意見が一致し、お店の方に

うかがったところ当日ですがご案内ができるとのことでした。

IMG_8031

スタイリッシュな店内。厨房の前のカウンター席に入り口近くのカウンター席、

ほかテーブル席をあわせ総席数は一目瞭然で増えました。

IMG_8054

まずは、デキャンター(白)@2000  甘口でした。

お料理は去年と同様にCourse A@2800を注文。
プリフィクス(prix fixe)制になっています。

以前はCourse Aが2500円でしたが300円値上がりしていました。

 

<前菜>
 1.自家製 鮮魚のスモーク菜園風サラダ仕立て
 2.ポークリエット(豚肩肉と香味野菜のペースト)グリーンペッパー風味
  バケットトースト添え
 3.本日のお野菜だけで作るオードブル+400円  より・・・。

IMG_8071

ポークリエット(豚肩肉と香味野菜のペースト)グリーンペッパー風味
バケットトースト添え

あれ?ココット皿に入っているポークリエット。以前と違うぞ。

前はしっとりと滑らかでライトにいただけたのですが、これは少しクセがあります。

部位の違いか?肉質が落ちたのか艶もなくどちらかというと水っぽい。

IMG_8083

     自家製 鮮魚のスモーク菜園風サラダ仕立て

真鯛を使われているようです。ソースはバルサミコ、特筆すべき点はなし。

IMG_8048 IMG_8088

フランス式のパンの直置きスタイルは変わっていません。 

IMG_8094

2006 ラ シャスディ パブ コートデュローヌ@3200

このお値段が一番リーズナブルなものです。

去年、ラ シャスディ パブ コートデュローヌをいただいたときは3000円でした。

この際、ワインのコルクが抜けずにハプニングあり。

 

<メイン>
 1.プティ サレ(塩漬けにした豚肩ロース)の白ワイン蒸しアルザス風
 2.本日の相模湾から鮮魚のポワレ
 3.本日のお勧め煮込み料理
 4.フランス産鴨のロースト ボルドー産赤ワインソース+500円  より・・・。

IMG_8107

   フランス産鴨のロースト ボルドー産赤ワインソース

去年と同じものですが、微妙に深みが違う気がします。

残念ながら、当時の感動が薄れていきます。

IMG_8117

イタリア産ラパン(仔ウサギ)のロースト エストラゴン風味のクレーム 

メニューに記されたもの以外のお勧めとして+700円で仔ウサギをいただきました。

じゃがいものムースの上には背肉(ロース)右側はモモ肉。

付け合せの野菜にはタケノコが使われていました。

ふくよかな旨みがあって、今回のメインはこちらのほうが美味しいですね。

 

<デザート>
ル・プティ・クラージュのスウィーツを盛り合わせで

店内中央部分に置かれているショーケースまでおもむき、自分で好みの

スウィーツを選びます。

IMG_8142

ムース オ フランボワーズタルトアプリコット 

IMG_8145

ブランマンジェピニャコラーダムース オ ショコラ 

スウィーツの味はいずれも普通。

個人的な希望だけどわざわざ店内中央に選びに行より、お店のほうで本日の

お勧めを数種類盛り付けて出してくださるほうがスマートでよいのになぁ。

 

<コーヒーまたは紅茶>

IMG_8159

コーヒーにプティフールがつきました。

ミルクもポーションになってしまっています。プティフールも寂しいweep

IMG_8161 IMG_8170

化粧室に行くと以前からそうだったのかは知りませんが、株式会社になっている

ようで、カルチャースクールほかフレンチ弁当の配達など幅広く事業を展開

なさっていることを知りました。 

IMG_8046

お店の方には申し訳ないのですが、元町の裏通りで隠れ家的にカジュアルな

フレンチを提供してくださっていたときのほうが、個人的には魅力的でした。

メインストリートに移られて、キャンドルの灯りが似合うような家庭的な温かみの

ある雰囲気が消え、すっかりモダンなイメージに様変わり。

以前と比べるとお料理の内容なども寂しくなってしまい、私が魅力を感じていた

素朴な輝きが色失せたように思えます。

こちらのお店が大好きだったのでとても悲しいです・・・。

 

帰り際、シェフが私達を覚えていてくださってご挨拶にきてくださいましたが

胸がつまるような思いでお話がうまくできませんでした。 

 

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒、テーブル会計で合計12000円なり~。

厳しい再訪の目安かもしれませんが、

フランス料理満足度数は、★★★ 日常的なら満足ですcatface 

 

Le Petit Courageux (ル プティ クラージュ)

〒231-0861 神奈川県横浜市中区元町5-209 北村ビル101

TEL     045-681-2665 

営業時間/ ランチ 11:30~15:00(L.O)  ディナー 17:30~23:00(L.O)

定休日    月曜日 (祝日の場合翌火曜日)

BISTRO KHAMSA(ビストロ・ハムサ) 中目黒

随分と記録が遅れてしまいましたがcoldsweats01

2010年3月28日、目黒川の桜を見たあと、ランチの予約をしていました。

中目黒、目黒川にかかる宿山橋の脇にはお店のご案内が出ています。

究極の親子丼?!

IMG_3885

いえいえ、「BISTRO KHAMSA」(ビストロ・ハムサ)

フレンチビストロのお店です。看板の矢印どおりに進行。

IMG_3892

目黒川を見下ろすビルの5階になります。 

なお、このビルの地下1階には、「博多もつ鍋 鳥小屋 本店」が入っています。

 

お店の「コンセプトはパリ5区!モロッコ好きオーナーのワインビストロ」

“大人が寛げるビストロ”と言う、「BISTRO KHAMSA」(ビストロ・ハムサ)。

エレベーターを5階で降りると、いきなりモロッコを意識したエキゾチックな店内。

室内22席、テラス6席という事なので小ぢんまりとしています。

1

お花見真っ盛りの日曜のランチともあって、時間制限は1時間30分。
(土曜の27日も1時間30分ということでした) 

プリフィクスのビストロランチです。
(上の写真の前菜、主菜、デザートより1品ずつ選びます。)

Le dejeuner Prefix course 2100yen パン、コーヒーor紅茶付き

IMG_3895

                 パン
                  PAIN

表面はかりっと中はほんわり。

IMG_3898

白ワイン。ミュスカデ                                 
      Muscadet Sevre&Maine 2008wine@4500

造り手:レキュ 品種:ムロン・ド・ブルゴーニュ

爽やかな酸味と丸みのある果実味が上品な辛口。

ワインはお店の方が管理してくださいます。

こちらは、自然派ワインにこだわってらっしゃるので、ワインの価格はお高め。

IMG_3899

          自家製ベーコンと目玉焼きのサラダ
               salada de Lard fumee

ねっ、素敵でしょWink01

目玉焼きの黄身にふられた粗挽きの塩胡椒が最高にイカしてるわ。

自家製ベーコンはスモークされて薫り高い。

今どきのサラダは、いじりすぎて何が何だかわからないところもあるけど

このサラダは実にシンプルで素材の味をじっくり楽しめるの。

モロッコ風のお店の内装とあいまって、リゾート地での朝食をいただいている

ような爽やかなサラダ。

黄身をプチっとさしてパンをつけたことは、きっと想像がつくわね( ´艸`)

IMG_3902

           さつきポーク内臓のソーセージ
                   Andouillette

新鮮なさつきポークの内臓を丁寧に処理し、香草とともにソーセージに

仕上げられています。 少々クセがありますが、これがまた美味い。

マスタードベースのソースがよく合う。 ワインも進みますW04 

IMG_3909

           ミートソースとジャガイモのグラタン
                  Hachis Parmantier

きめの細かいミートソースにジャガイモはマッシュ状。

IMG_3925

緩さとチーズの加減がよく、とても濃厚。パンにもつけたいグラタンです。

運ばれてきたとき、量が少なく見えたのですが、味がしっかりしているので

これで十分でした。 

IMG_3918

                子羊のクスクス
                 Couscous d'agneau

柔らかい子羊にヒヨコ豆のホクホクとした食感。

子羊の旨みがスープにでているのですが、全体的に繊細で上品。

苦手意識のあった私も克服できそう。

IMG_3930

            自家製ソルベとアイスクリーム
                                       Sorbe Glace

バニラとパイナップルです。

IMG_3934

            フロマージュブラン プルーンのコンポート 
                                          Fromage Blanc

フロマージュブランは牛乳から作られるフレッシュチーズ。

と言っても固形ではなく、ゆるゆるcatface 

酸味があって、味はヨーグルトに近いと思います。

プルーンは自然な甘みがあり、美味しくいただけました。 

IMG_3951

               コーヒー
               Coffee or Tea

コーヒーカップが洒落ていますね。ミルク瓶も可愛らしい。

IMG_3954

見回すと予約のお客様は圧倒的に女性客。

お洒落な内装に異国の香りのする雰囲気。女性が好むのも納得です。

ただ、隣のお席との間隔も狭く、接客も多少事務的なところが気になりましたが、

ランチの内容は丁寧に仕事をなさっているという印象で、CPの高さを感じます。

ワインの価格はお高めですが、また機会を作ってランチに再訪したいと思います。

Hand01 お会計は2人で、上記お料理とお酒で合計8700円なり~。

フレンチビストロの満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface

 

BISTRO KHAMSA(ビストロ・ハムサ)

〒153-0042 東京都目黒区青葉台1-23-4 グランベル青葉台ビル5F 

TEL      03-5723-2077

営業時間/  ランチ  土・日 11:30~16:30(L.O.15:00) 

        ディナー 火~土 18:00~23:30(L.O.22:00) 
               日   18:00~23:00(L.O.22:00)

定休日/   月曜日

http://www.unico-fan.co.jp/food/khamsa/

ビストロ kif-kif 白金高輪

お一人ランチは、白金高輪のカジュアルフレンチ「ビストロ kif-kif」(キフキフ) 

IMG_4924

場所は、白金高輪駅直結、高輪地区総合支所(高輪コミュニティぷらざ)内。

IMG_4945

晴れた日には中庭を眺めながらのお食事も良いですね。

IMG_4930

ランチメニューから、キフキフ定食で豚肩ロースのグリル マスタードソースを

チョイスしました。スープとご飯またはバゲットがつきます@850

IMG_4949

豚肩ロースのグリル マスタードソースとライス。

IMG_4959

IMG_4939 IMG_4933

いろいろ野菜のポタージュ。

+250円でランチドリンクのコーヒーをお願いしました。

IMG_4967

こちらのシェフは、同じく白金高輪の別の場所からこちらにお引越しを

なさったそうです。頑張っておられます。応援してあげたいですね(*^-^)

 

ビストロ kif-kif

〒108-0082   東京都港区高輪1-16-25 高輪コミュニティーぷらざ 2F

TEL        03-5421-7627

営業時間/ 11:30~14:30 ランチタイム 14:30~17:00 カフェタイム

         17:30~21:00 ディナータイム(LO20:30)

定休日    日曜・祝日

http://www.kifkif.jp/

ル・シャポン 自由が丘

2009年11月。

友人とボジョレー・ヌーヴォーでも飲みに行こうかと自由が丘の

フレンチ プロヴァンス料理「ル・シャポン」に向かいました。

場所は銀座キャンドル自由が丘店てつたろう、魁山にも近く、奥沢六丁目の

交差点を目指してくださいませ。途中を自由が丘駅を背にすると右折、住宅街の

中にあります。

お店の外装は鮮やかなブルーなのですぐにわかると思います。

IMG_1541

薄暗い店内、今回はあまり写真がよく撮れていませんweep

IMG_1549 IMG_1553

            ニース風サラダrestaurant@1680

運ばれてくると、目の前でお店の方が混ぜ混ぜしてくださいます。

あーーーcrying これじゃぁ写真撮っても美しくないわ。

IMG_1556 IMG_1561

         鴨のフォアグラとセップ茸のオムレツrestaurant@2400

濃厚。クセの強さがでているかも。好き嫌いが分かれそうです。

IMG_1567

モン・サン・ミッシェル産ムール貝 プロヴァンススタイルrestaurant@2100

かなりボリュームあり。ニンニクがきいていてワインのおつまみにぴったり。

個人的に気に入りましたcatface いただいているとお店のオーナーの方が

フォークを使わず空の貝を使ってはさむようにして召し上がってね。

と、食べ方のご指導付き。

IMG_1543

他のお店ではパンが有料なんだって?! うちは無料だからねwink

と、お喋り上手なオーナーさんは、かなりフレンドリー

 

さて、ボジョレー・ヌーヴォーですが、フルボトルはいいお値段になるので

それほど召し上がらないようでしたらグラスはどうでしょう。とのお店の方のご提案に

グラスワインでいただいたのですが、うっかり写真を撮り忘れていますsweat02

IMG_1572

こちらは、隣の席の方が召し上がっていたので私たちも注文。

なんとカラフェワインは500mlで900円なのです。安っsign01

IMG_1563

リーズナブルに仲間でわいわいワインを飲るにはカラフェがオススメかも。

ワインのお値段はこんな感じです。

IMG_1538

ボジョレ・ヌーボメニューも用意されていました。

メニューを見ると個々のお値段は2000円台が中心かも?

IMG_1573

白と青を基調にしてまとめられた店内。

堅苦しさはなく、アットホームな接客で地元の常連さんに支持されているようです。

 

ル・シャポン

〒158-0083 東京都世田谷区奥沢6-21-11

TEL 03-5758-8671

営業時間/ 平日11:30~14:30(L.O.) 17:30~21:30(L.O)

                 日祭 11:30~15:00(L.O.) 17:30~21:00(L.O.)

定休日    第2・4月曜日

http://www.le-chapon.com/

STARLIGHT GRILL(スターライト グリル) 元町

23日、ランチは元町のオリジナルなフレンチ「STARLIGHT GRILL

先ほどの、STAR JEWELRYがプロデュースされたレストランです。

IMG_2905

場所は、元町のメインストリートを脇道に入り、「仏蘭西定食エルエラ」

El Ella」と道を挟んだ向かいになります。

IMG_2902

表にはクリスマスメニューが出ています。

同店のディナーは12月19日から25日までクリスマスメニュー。

同様にランチの予約を入れた際も、クリスマスメニューになりますとのこと。

IMG_2907 

お店に入り、予約の旨を伝え、コートを預かっていただきます。

IMG_2911

案内されたのは、ステンドグラスが印象的な1階奥のテーブル席。

この1階席には、ガラス張りのオープンキッチンに横並びに配置された

Uの字形のカウンター席もあります。

奥のテーブル席は、照明がやや暗め。ダークな色彩をベースとした

インテリアが落ち着ける空間を創り上げている感じがします。 

隣とのスペースは、さほど広くはありません。

この暗さのため、写真の写りが少々心配ですが・・・。

IMG_2917

カシスとスパ-クリングワインのカクテル(左)と

桃とスパークリングワインのカクテル(右)wine@1000、@1100を注文。

グラスには星をモチーフとしてカッティングがほどこされています。

ちょっとロマンチックcatface

IMG_2918

それでは、Menu de Noel 2009xmas@4000

まずは、本日のアミューズ
             やまゆり豚のリエット、ホワイトアスパラガスのマリネ。

やまゆり豚は甘みがあって、癖が少ないように思います。

以前、同じく元町の某店でもいただきましたね~~。美味しいです。

ホワイトアスパラガスはこの時期なのかしら?やや硬く、繊維質が残るし

マリネの加減がきつい。

個人的にはマリネ以外の調理法でいただきたかったな。

IMG_2931 

2007 白 ラ ヴィド シュッド シャルドネwine@3500

ランチドリンクメニューからリーズナブルなお値段のワインを選びました。

(もちろん、ワインリストには他のものもありますが・・・。)

シャパシャパでんな~~。

グラスワインでお願いすると500円です。ランチグラスワインの価格は嬉しいな。

IMG_2943

ノルウェーサーモンと冬野菜の酢漬け オレンジ風味

ノルウェーサーモンが酢漬けされたカブを巻いています。

ホワイトアスパラガスのマリネといい、冬野菜の酢漬けも酢がきつい。

酸味の強さが続いてますから、味覚に発展性が感じられず、テンションが上がって

いかないのです。

IMG_2951

パン

白くてモチモチしたパンが美味しいと評判ですが

外側はかりっと、中はふんわりが好きな私としては、食感がまず違います。

こちらのパンは外側もモチモチしています。 

好みの問題でしょう。パンのお替りは可。

オリーブオイル、バター、パルメザンチーズと3種類ついているのは嬉しいです。

IMG_2971

真鯛のポワレと車海老 蟹とホタテ貝のムース詰め 
マティニョンドレギューム キャビア添え
 

白ワインをベースとしたソースです。真鯛のポワレはそこそこ良いのですが

蟹とホタテのムース詰めは、ありがちで面白みがなかった。

この時期お忙しいためか、作り置き感もしてしまう。

IMG_2987

蝦夷鹿の赤ワイン煮 根菜のオーブン焼き添え

蝦夷鹿の肉質はパサパサしています。

赤ワイン煮に深いコクがないためか、物足りなさを感じてしまいました。

もうひと頑張りを期待したいとこでした。

IMG_2997   

赤ワインは、グラスでお願いすることにしました。

2006 赤  ラ ヴィド シュッド メルロwine@500

同じランチドリンクメニューのシャルドネと比較すると、こちらのほうが

ふくみのある味です。

連れは、ワインリストからブルゴーニュ ピノ ノワールwine@900を

いただいておりました。 やっぱり、こっちの方が、う・・美味いわconfident

IMG_3012

アールグレイムースとホワイトチョコレートムースのクール仕立て
3種のベリーソース

コーヒーがついています。

IMG_3015

この位置からお切り下さい。とお店の方のご指示つきcatface

ま・・・まさか、STAR JEWELRYshineのアクセサリーが入っているのではlovely

と思ったらハート模様がでてきました。 

とぉーーーっても、甘いデザートでした。

IMG_3024

店内の男性スタッフはなかなかのイケメン揃い。

お店の雰囲気からしても女性受けのするお店だと思います。

 

私は、こちらのお店の看板メニューとも言える

JEWELRY BOX  LUNCH、限定食のフォワグラハンバーガーがいただいてみたくて、

かねてより企画していたのですが、今回はクリスマスメニューということで断念しました。

クリスマスのお料理ではわかり得ない場合もありますから、通常メニューに戻ったら

限定食のフォワグラハンバーガーをいただきに再訪するかもしれません。

 

なお、化粧室は2階なのですが、2階席は白一色で別のイメージです。

 

お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計15000円なり~。

帰り際に、STAR JEWELRYの小さな紙袋にメニューとテーブルセットに使用されていた

コルクの飾りをお土産にいただきました。

うーーん(~ヘ~;)どうなんだろう。

せっかくなら、小さなシュガーとか生花を1本というわけにはいかないのだろうか。

なにやら紙袋ばかりが目だってしまいましたpresent

 

STARLIGHT GRILL(スターライトグリル)

〒231-0861 横浜市中区元町2-97

TEL   045-212-5946

営業時間/ 11:30~16:00(L.O.15:00) 18:00~22:00(L.O.21:00)

定休日     (月曜定休、12月・祭日を除く)             

http://www.starlightgrill.jp/

京都旅行2009秋 №28 epice(エピス)

最終日のランチは、フレンチ「epice」(エピス)Aicon339

IMG_1919

epice」も今回の京都ご飯のテーマ、町屋造りのお店でのお食事を

意識して予約しました。場所は先ほどの京都御所の左に位置しています。

IMG_1921

赤い暖簾にえびすさん。一際目立ちます。

こちらのお店の人気席は、なんと言ってもシェフのお仕事ぶりを拝見しながら

お食事がいただけるオープンキッチン前のカウンター席。

カトラリーが、カウンターのテーブルにセットされている造りも心憎いのですcatface 

他にお席はテーブル席、中庭をはさんではなれ(座敷)。

予約時にうかがったところ2名での座敷席利用は、別途お部屋代がかかるとのこと

(詳しい金額は失念しましたcrying)で、こちらはあきらめました。

IMG_1922

比較的リーズナブルなお値段からコース料理をいただけるのも

epice」の魅力だと思います。

さて、せっかくなので@3200のAコースを注文しましょうか。

IMG_1198

ランチAコースのメニューの一部分を写させていただきました。

メインのお料理は割増料金をお支払いすることによって変更可能。

IMG_1927 

人気のカウンター席ではなく、私達は2名用のテーブル席へ。

今日は昼からのんびりズルズルwine飲りたいので、こちらの方が落ち着けるのでは

ないか、と思って選ばせていただきましたsmile

IMG_1932

      マルセル・ラピエールのボジョレー・ヌーヴォーwine@5800

京都旅行は、時期的に解禁日から日が浅かったのでフンパツしました。

今年は50年に一度の当たり年ということですW04

自然派ワインの代表者、マルセル・ラピエールのボジョレー・ヌーヴォーは

繊細かつとてもエレガントcatface

IMG_1180 バゲットはお替り可。

さりげなく目配りをしてくださるので、お替りもお願いしやすい。

接客もとてもスムーズです。

IMG_1954

               オードブル盛り合わせ

IMG_1969

赤カブとズワイガニのミルフィーユ

赤カブの酸味とズワイガニの甘みが、さわやかにハーモニーを奏でます。

IMG_1961

ワカサギのエスカベッシュ

エスカベッシュとは、フランスの南蛮漬けといったところですね。

マリネードの加減も良く、骨までやわらか。さっぱりとした味わい。

IMG_1959

冷製ホタテと京都産無農薬野菜のサラダ

鮮度の良さはもちろんですが、トマトの酸味もドレッシングに合わさり

美味しくいただけます。

IMG_1958

ハモンセラーノと長野県産の洋梨

ハモンセラーノの熟成した香り、噛み締めると広がるしっとりとした肉質に

まろやかな風味。洋梨との調和もとれています。

IMG_1977

                      スープ

滋賀県八日市のカリフラワーのポタージュ。やわらかな甘みがあります。

IMG_2034

ボジョレー・ヌーヴォー飲んでしまったcoldsweats01 

お料理はこれから、もう1本いこう。

白ワイン2800円と注文しやすいお値段のものもあります。

IMG_2045

      ロバート モンダヴィ ヴィション シャルドネ'07wine@2800

フルーティでさわやかな口あたり、飲みやすい白。

IMG_2050

ワインはお店の方が管理してくださいます。

IMG_1941

中庭をはさんだ、向こうがはなれ(座敷)。

IMG_1194

いかにも京都らしい風情のある造りになっています。

IMG_2000

                       

長崎県で捕れました、石垣鯛のソテー。

ブールブランソース(フランス語でブールはバター、ブランは白になります。)

少々、ソースのコクに物足りなさを感じましたが、火の通し方は絶妙。

皮目はパリッと香ばしくソテーされ、身はしっとりと素材の美味しさが

生きてます。

季節の野菜も添えられています。カブが甘うまっcatface

IMG_2021

                      メイン

連れが選んだメインです。

岐阜県養老山麓豚のフィレ肉のロースト。 レンズ豆添え。

フィレ肉のロースト自体はさっぱりとした旨みなので、香りの良いキノコのソース

とレンズ豆によってコクを出しているようです。

IMG_2014

                       メイン

私は割増+500円の国産牛ミスジ肉のステーキにしました。

フォンドボーのソース。ジャガイモのグラタンとキノコ添え(マイタケ、ぶなしめじ、

マッシュルーム)。

噛めば噛むほど、旨みたっぷりの肉汁がじゅわわ~とあふれ出てきます。

IMG_2052

                     デザート

+300円で注文できます。連れが注文。男のスイーツ道ですなcatface

フォンダンショコラと自家製バニラアイス。

IMG_2066 

                  エスプレッソとコーヒー

コーヒーか紅茶。またはシェフお勧めの無農薬5種類ハーブティーが

+300円でいただけます。私たちはエスプレッソとコーヒーで。

IMG_2072   IMG_2075

だって、チビッチはコーヒーが好物だもんねwink

 

お店のコンセプトは「生きた野菜を使って野菜が主役になるような料理を

心がけております。」とのこと。

この生きた野菜は他の素材とも調和をとり、とても美味しい使い方を

なさっているように思います。

 

帰り際ですが、シェフがご挨拶に出てこられ、カウンターの欄間について

お話をきかせていただきました。

この見事な欄間は、シェフのお父様の作品で四季をあわらしているとのこと。

次回はカウンター席でじっくり拝見してみようcatface

 

さて、お会計ですが、2人で、上記お料理とお酒で合計16590円なり~。

「本日は誠にありがとうございます。またのご来店を心よりお待ちいたして

おります。」と手書きされたお会計票に、じ~~んっとくる素敵なお店でした。

町屋フレンチっていいな(*^-^)

B808 ちなみにお店は、カードでのお支払いも可ですが、ランチについては

カード不可、現金会計でお願いしま~す wink

 

epice(エピス) 

〒602-0845 京都府京都市上京区寺町通今出川下ル真如堂前町105

TEL   075-222-2220

営業時間/ 11:30~14:30(L.O) 17:30~21:00(L.O) 22:00閉店

定休日     水曜日

http://www.kyoto-epice.jp/

その他のカテゴリー

01-1.みにの外食グルメ★★★★以上 | 01-2.みにの外食グルメ★★★☆ | 02-1.中華料理 | 02-2.担担麺 | 03.ラーメン | 04.韓国料理 | 05.エスニック | 06.カレー | 07.蕎麦・うどん | 08.寿司 | 09.鰻・どじょう・穴子 | 10.とんかつ・天ぷら | 11-1.和食全般 | 11-2.和食 丼 | 11-3.和食屋・居酒屋の定食 | 11-4.和食 鍋 | 12.イタリアン | 13.フレンチ | 14.スペイン | 15-1.洋食 西洋各国料理 | 15-2.洋食屋ランチメニュー | 16.グルメバーガー | 17.Bar・カフェ | 18-1.居酒屋 | 18-2.居酒屋 | 19.お一人ランチ | 20.寝太郎のぐるめコーナー | 21.内飯・弁当・土産・取寄せ | 22.競馬の話 | 23.ぬいさんの話 | 24.免責事項等 | A-01.飲食 目黒・武蔵小山 | A-02.飲食 中目黒・祐天寺 | A-03.飲食 学芸大学・自由が丘 | A-04.飲食 渋谷・恵比寿 | A-05.飲食 新宿・新宿御苑・新大久保 | A-06.飲食 神楽坂 | A-07.飲食 田町・三田 | A-08.飲食 白金 | A-09.飲食 麻布 | A-10.飲食 赤坂・六本木・青山 | A-11.飲食 日本橋・三越前 | A-12.飲食 新橋・銀座他 | A-13.飲食 蒲田・大森・五反田・品川 | A-14.飲食 上野・浅草・北千住 | A-15.飲食 その他23区 | B-1.飲食 川崎・横浜 | B-2.飲食 元町・山下町 | B-3.飲食 鎌倉・葉山 | B-4.元町中華街 中華特集 | C.飲食 北海道 | D.飲食 京都 | E.飲食 神戸・淡路 | F.飲食 九州 | G.飲食 千葉 | お出かけ・横浜 | 旅行・九州 | 旅行・京都 | 旅行・北海道 | 旅行・四国 | 旅行・地域 | 旅行・神戸・淡路 | 日記・コラム・つぶやき | 海水浴