2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ウェザーニュース

最近のトラックバック

カレンダー

無料ブログはココログ

おにぎりくん

管理人より

  • 当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。

01-1.みにの外食グルメ★★★★以上

再訪の目安にしたいお店1

房家 三越前

三越前、2010年10月にオープンした「COREDO室町」にやって来ましたAicon339   

Img_0713_thumb_aa_2

本日のお一人ランチはこの「COREDO室町」の3階に入っている焼肉・冷麺の「房家」 

Img_0778

お店のHPを拝見すると「和牛一頭買い」という仕入手法をなさっていらっしゃるとのこと。

そのため「たくさん採れる部位と牛一頭からわずかしか採れない部位が存在し 」

色んな味を楽しむことができるということらしいのですが・・・

Img_0719_4 Img_0726  

私はランチだもんね。 

平日限定(11:00~15:00)の昼御膳、焼肉をじゅうじゅうはできませんが

同店の看板メニューでもある冷麺も一緒に味わえる「盛岡練り出し手打冷麺御膳」

がお目当てなのです。

盛岡練り出し手打冷麺(小)にカルビ重(小)か石焼ビビンバ(小)を選べて

いいとこどりのお得な1200円。 サラダ、キムチ、小鉢、デザート付きです。

Img_0730

細長いカウンター席を利用。奥はテーブル席になっている様子。

お水は卓上に置かれていますのでセルフです。 

Img_0736

まずは冷麺専用の辛味キムチ(大根、キャベツ)とお酢が運ばれてきました。

Img_0742

盛岡練り出し手打冷麺(小)+カルビ重(小)@1200

うっまそー。 一目見て期待大!!

サラダにはぽってりと甘めのゴマドレッシング、小鉢は切干大根と白菜キムチ。

白菜キムチはじゅわーっと辛みの中に強烈な旨みを感じました。 

Img_0758

盛岡練り出し手打冷麺(小)はコシが強くて歯応えがすごい。

冷たくてつるつるとした喉越し、これは美味いW04  

Img_0762

キュウリ、りんご、チャシュー、ゆで卵、白髪ねぎ。  そして辛味キムチ。

このスープが激烈うまい。

さっぱりしているんですけど、しっかりとコクと旨みがあって、もう止まらないの。

辛味が気持ちよくて快感。

和を感じさせるような独特な後味に、あと一口あと一口とスプーンを置くことなく

結局は全部飲み干してしまいました。

Img_0770_2

カルビ重(小)はご飯の上に海苔とタレを絡めて焼いたカルビ肉。

冷麺と比べると抜き出る感じはしませんでしたが、十分に柔らかくて

美味しかった。 今日のランチは大成功だ♪

Img_0776

デザートは抹茶のムース。

しっとりねっとりとした口当たりの中に広がる香り高い抹茶の風味が上品。

ランチ満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りです。

定期的にこちらの冷麺が食べたいなーー。

Img_0785

ランチタイムはどのお店もあっという間に行列状態。

気になるお店も多数入っているので、しばらく私の三越前のランチは

「COREDO室町」内で決まりのような気がします。

Img_0792

それとね、「COREDO室町」へは東京メトロ半蔵門線・銀座線の「三越前」駅

A6番出口から直結しており、とても便利なのです。

 

房 家

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町3階

TEL         03-6225-2347

営業時間/月~金 11:00~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:30(L.O.23:00)

          土 11:00~16:00(L.O.15:00) 17:00~23:30(L.O.23:00)

        日・祝 11:00~16:00(L.O.15:00) 17:00~23:00(L.O.22:30)

定休日    コレド室町に準ずる

http://www.bou-ya.com/

ITALIAN BAR BASIL (イタリアンバル バジル)

2010年、大晦日のお立ち寄り第1弾は横浜、野毛町のイタリアンバル「BASIL

IMG_1828

場所は野毛の大通り沿い。 

基本は立ち飲みというスタイルなのですが、店内に2人掛けのテーブル席が3卓ほど

あり、また表にはテラス席も作られていました。 

IMG_9506

この季節にテラス席はさすがにきつい。幸い時間が早かったせいかテーブル席に 

空きがありましたので着席させていただきました。

ショーケースには美味しそうなアンティパストが並んでいます。    

IMG_9502

(ヨンクマ) まずは、本日のスパークリングからだね。   

catface ヨンちゃん、兵庫のお父さんが送ってくれたお洋服がよく似合うよ。

IMG_1775

Prosecco(プロセッコ)グラス@500×2   

しゅわわ~なひととき。 

IMG_1784

(ノブロー) ・・・・むにゅむにゅ。 

何しているの?ノブローさん。お勉強中?

IMG_9494

お好きな前菜2種restaurant@600   

前菜2種で600円、3種で900円です。

選んだアンティパストは鴨スモークのサラダと白菜と自家製ポークのハムサラダ。 

白菜と自家製パークのハムサラダには、粒マスタードを使ったドレッシング。

鴨スモークのサラダは、さらしタマネギ、ニンジン、水菜、刻みトマトにバルサミコ酢。 

これらとともにいただくスモーキーな香りをまとった鴨肉が美味。

IMG_1781

(ノブロー) お得感のある前菜盛りだで。   

IMG_1794

さて、本日は大晦日。23時すぎには年越しそばも出来あがるようです。   

IMG_1789

LAMBRUSCO(ランブルスコ)@2800×2 

赤の辛口、微発泡ワイン!辛口なので生ハムやパルミジャーノチーズとの   
相性バツグン。とのこと。

軽く飲めます。スイスイと・・・で2本空いちゃいました。   

IMG_9528

カキとロックフォールのグラタンrestaurant@600   

ショーケースにはホワイトソースの状態。注文を通すとオーブンでこんがりと焼いて

出してくださいます。 

IMG_1811

ぷっくりと大きいカキに適度に食感を残したポテト、タマネギ。 

あっつあつをハフハフいただきます。

ちょっとしたものが想像以上に美味しいのが嬉しいな。 

IMG_1817

(スズロー) チーズのええ香りだ。オラも食レポしたいだーー。   

(ノブロー) スズもやる気出してきただな。大丈夫だか?

IMG_1816

仲良く食レポしてくださいね。 ほら、グラタン温かいうちに召し上がれ。 

IMG_9544

ゼッポリーニrestaurant@300   

青のり入りもちもち揚げパン。青のりをたっぷり使っています。

揚げたてで風味も豊か、もっちりとした歯応えと塩の加減も絶妙。 

目が覚めるくらいおいしかったな~W04  

IMG_1807

(ハチロー) 青のりたこ焼きのような形だで。 

あちちっ、おっ!香りもええだー。 こりゃ、激ウマだでーー。

IMG_1798

リーズナブルな小つまみもかなり豊富。 

IMG_1821

どうやらお店では20時に出来立てのお料理を提供なさっている様子。 

これも魅力的です。 

IMG_1825 

ショーケースにはドルチェもあり。 

IMG_1795 

さらに本日焼菓子まで。

しかもお店の営業時間は14時から!こういうお店が私の住む町にも欲しい!!   

IMG_1824

お店にはしっかり常連さんがついていらっしゃってお一人でいらしてさくっと

カウンターで立ち飲み。

なかなか使い勝手が良く美味しいイタリアンバル。

野毛町探索の折にまた寄らせていただきたいな。 

Hand01お会計は、2人で、上記、お料理とお酒で合計8100円なり~。

イタリアンバル満足度数は、★★★★ 積極的に好き(4.25)ですcatface 

   

ITALIAN BAR BASIL (イタリアンバル バジル)

〒231-0064 神奈川県横浜市中区野毛町2-81 キャッスル桜木1F

TEL      045-231-5535

営業時間/ 14:00〜翌1:30(L.O)

インディゴ 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)Aicon339

12月のレポートです。11月のレポートはこちら。

IMG_1033

いつものようにブランチメニューにフリードリンク(¥2000)をつけています。 

IMG_1036

(ノブロー) オラの椅子が復活しただ。前回オラが「椅子がなくなった」って

つぶやいたから支配人さんが気ぃ使ってくれただかな。

catface んー?どうかな。でもノブローさんの椅子かどうかはわからないけど良かったね。

IMG_1022

今回、メニューがだいぶ変わっていました。 

IMG_1029

ハンバーガーをいただこうと思っていたのですが、こうなるとジビエです。

ブランチメニューを拝見して 
COURSE Brestaurant@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式
COURSE Crestaurant@2800(前菜、パスタ、メイン各1品のプリフィクス形式
でお願いしました。

IMG_1045

マフィンはトマトとバジル。相変わらず甘さと塩気のバランスが良いのです。 

IMG_1051

ちょっとしたことがあり、シェフからピクルスの盛り合わせを頂戴いたしました。

これはメニューのサイドオーダーにある三浦野菜のピクルスかしら?

大根、ニンジン、カブ、きゅうり。

酢の加減が柔らかく野菜のもつ自然の甘みがでています。美味しい。

IMG_1065 

(前菜) 銚子沖、皮ハギの昆布〆カルパッチョ 紅芯大根のサラダ添え 
                              肝入りバルサミコソース

彩り鮮やかなお皿です。

肝入りのソースには野菜を刻んだものも入っているように思います。

せっかくなので、もう少し肝のコクは欲しくなりましたが

IMG_1068   

紅芯大根のシャキシャキとしたみずみずしさに酸味と塩の加減も良いため

爽やかにいただけてしまいます。

IMG_1072      

自家製パン。 

IMG_1082 

白ワインは、ペドロンチェリ ソーヴィニヨン。 

IMG_1091 

(前菜) 天使の羽根を付けた北海道 マダラの白子のポワレ 
                              ブイヤベースソース

香辛料の香るブイヤベースソース。

カイエンパッパーやあさりの出汁もきいていてオリエンタルで奥深い味わい。

IMG_1096 

これが天使の羽根で~す。 いわゆる羽根つき餃子系?

IMG_1104    

(ノブロー) スープのように飲めるだよ。旨みたっぷりでコクがあるけんど

さっぱりしているだ。 神秘的だで。

IMG_1109 

(パスタ) 猪バラ肉のパンチェッタと、とろとろ里芋のトマトソース 
                                 トルフィエ

トマトソースが良い塩梅に濃度をもって滑らか。

とろとろの里芋ともちもちとしたショートパスタの食感のバランスも面白い。

IMG_1115

鷹の爪も入っています。

似て非なるものですが、素人的な表現だとアラビアータにひねりを加えた感じで

お酒のつまみになります。 

IMG_1124

(ハチロー) オラ、ここんちのパン好きだで。温ったけえだ。

(モモロー) うん、さっきのパンと違うだね。 

IMG_1155

赤ワインは、シー・リッジ シラー。 

IMG_1137

(メイン) 北海道、蝦夷鹿モモ肉の炭火焼 ラズベリーピノノワールソース 

付け合せはオニオンリング、マッシュポテト、赤カブ、芽キャベツ、椎茸、舞茸。

IMG_1142

美味しいっW04!! 

焼き加減も申し分ありません。まわりは香ばしくて、脂肪のない鹿肉は赤身の

淡白な旨みに溢れています。噛み締めるのだー。ついつい食べちゃうわ。

IMG_1166   

(メイン) スコットランドより届いた山鳩のロースト 大麦とレンズ豆のリゾット 
                            金山寺味噌ソース (+1000)

割増料金がかかります。

連れがメチャうまと絶賛!野生の味に狩猟本能をかきたてられる様子。

肉の繊維がとてもきめ細かく上品な旨みが凝縮とのこと。

IMG_1180   

私は山鳩デビューでして、羽根を見て少しびびりました。

肉としては少々クセを感じましたがしっとりとしていて確かに旨みがエレガント。

このブランチのお値段で、このジビエがいただけるなんて嬉しい。

IMG_1189

デザートとハーブティーのセット@500

本日はモンブラン。 ラムレーズンのアイスクリームと苺つき。

IMG_1197

(オラーズ一同) デザートだで、集合するだ~。 甘いの好きだで。

ちいと、内装の老朽化が気になるけんど、どうにも情のわく店だで。

IMG_1218

(しずか) アタシ、ユーカリの葉のお茶が飲みたいな。

しずかちゃん、ごめんね。それは無理かも。今日はミントとレモンよ。

IMG_1183

(ニジロー) 支配人さんからお便りきただ。何だろー??

catface うふふ、それは次回のお楽しみで記録するわね。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計10815円なり~。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別ですcatface

 

インディゴ (INDIGO)

〒152-0001  東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/       

筑紫棲(つくしろう) 広尾店

お一人ランチはフカヒレ料理で有名な「筑紫棲」(つくしろう)広尾店Aicon339 

IMG_8404

場所は、恵比寿、渋谷橋の交差点を駒沢通り沿いに直進右手側。

「九十九ラーメン」の先になります。

恵比寿プライムスクウェアプラザに2階建ての店舗を持つ広尾店。

HPによると個室6部屋、座席数176席という広さがあります。

座席数がこれだけあるってことは・・・お一人ランチもしやすいかなと

前々から気になっていました。

IMG_8408

お店の前に出されているランチセットを拝見すると、平日限定のセットが

あるじゃあありませんか。これよねーー。 といっても私は1500円のほうです。

一人の旨を伝えると案内されたのは、天井の高い店内1階、窓際に並ぶテーブル席。

IMG_8413

特製フカヒレセットrestaurant@1500

注文は決まっていましたが、もったいぶってとりあえずメニューを開き、一呼吸

いれてからお店の方にオーダーを通しました。

最初、一度に出てきたのは、本日のスープと漬物とご飯。

そのあと日替わり小鉢、次に青梗菜のカニソース、エビのマヨネーズ和え。

と時間差で6品揃いました。 まだなのか、このセットの大御所は!

開店と同時に入りましたが、どんどんお客様が入っていらっしゃいます。

私の隣のテーブル席に座られたお一人様は同じく特製フカヒレセットを注文。

しかし、日替わり小鉢の段階でおひつからご飯をよそって、もくもくと

お召し上がりはじめているではありませんか。

「何してるの?キミ?」という静かな視線を感じつつも、私はご飯だけよそって

待ちます。

IMG_8423

筑紫棲特製フカヒレ煮込み登場! 

ちょっと、卓上の青梗菜くん、そこどいてどいてcatface

運ばれてきた際、店員さんに、「ご飯にかけてお召し上がりください。」との

ご指導を受けます。

①筑紫棲特製フカヒレ煮込み・・・かなり濃厚、やや塩分がきつめかもしれません。 

②エビのマヨネーズ和え・・・下にはレタス、上にはカシューナッツを刻んだもの。

 エビは衣をつけて揚げており、濃厚なマヨネースソースがこってりと絡み

 ついてます。一口いただくとくちびるのまわりにねっとりとソースが

 はりつくような感じ。 ふくよかな甘みがうまいっW04

③青梗菜のカニソース・・・カニ肉を卵白でとじています。塩味。

④日替わり小鉢・・・きゅうり、トマト、鶏肉、ナス、じゃがいも。彩りも豊か。

  調理法はわかりませんが和えているようです。

⑤本日のスープ・・・溶き卵のスープ 薄い塩味ベースでふわっとした卵の

  滑らかさがなんとも言えず美味。

⑥漬物・・・菜脯(ツァイ・フー) 大根の漬物です。

⑦ご飯・・・おひつででてきます。

  こちらのお茶碗だと軽くよそって2杯半ぐらいの量は入っています。

IMG_8427

さてさて、私もご飯にかけちゃうよー。 

IMG_8432

今回のセットで気にいってしまったのはこちら。エビのマヨネーズ和え。

フカヒレ煮込みでしょっぱくなったら、一口あまウマのこちらをもぐもぐ。

そして薄味のスープをごくり。味覚のバランスとれてきます。 

IMG_8437

⑧本日のデザート・・・アンニンムース。

杏仁の香りとぽってりとした口当たりが優しいデザートでした。

久しぶりの筑紫棲。日本橋三越店以来です。

 

今回は比較的リーズナブルにいただける特製フカヒレセットということもあってか

フカヒレ自体よりも全体を通してバランスよく楽しめたという印象になりました。

そして満足感はしっかりあります。

この点に着目してこの平日限定のセットですが

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface また来よう。

 

筑紫棲  広尾店

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクウェアプラザ1F・2F

TEL・FAX  03-6419-2946 

営業時間/   11:30~22:00 (L.O.21:30)

定休日     年中無休

http://www.tsukushiro.co.jp/hiroo/page_01.cgi

GRILL KITCHEN KAEN 銀座

銀座の鉄板・炭火料理「KAEN 」にお邪魔しましたAicon339

IMG_7755

場所は新橋駅より徒歩3分。土橋交差点の信号をコリドー街方面に向かい 

途中右折、老舗の高級中華料理「銀座 維新號 新館」の脇を入っていきます。

目立たない場所にあるので隠れ家的な要素ありかな? 

IMG_7758

入り口から見て正面が大きな鉄板を囲むカウンター席。 

他はテーブル席になっています。

どちらになさいますかとのことで、選んだのはテーブル席。 

勝手にイメージしていたのは、重厚なステーキハウスだったのですが、

少し照明も落とされた店内には大型TVがあって肩の凝らない、 

それでいてシックな雰囲気が漂います。 

IMG_7817

さて、今回もフリードリンクプランです。 2名でも受け付けてもらえました。

ぐるなびで調べ予約したのですが、記事を書くにあたり確認したところまったく

同じプランがありません。微妙に違う気がしますが、フリードリンクは健在。 

さらにプランが充実したように思います(*^-^)

このときは、2.5h飲み放題付き一人4500円のコース料理。 

ぐるなびクーポンより、コース料理ご利用のお客様、フリードリンク30分サービス

つけて、結果 「3h飲み放題付き4500円」×2 です。 

IMG_7764

フリードリンクは生ビール(アサヒスーパードライ)から。   

IMG_7786

(前菜) サーモンのいくらのっけ 

サーモン独特のくさみもなくしっとりと肉厚。きっちりのっけられたイクラを

合わせても塩気がちょうど良し。 

IMG_7774

(サラダ) 揚げナスとトマトのサラダ   

揚げナス、トマト、サニーレタス、ルッコラ、フライドオニオン。

ボリューム感たっぷりです。 

IMG_7797

(前菜) ブルスケッタ2種 

レバーパテと栗とマスカルポーネとハチミツ。

ややパンがしっとりしていたもののつまみになります。

お料理は前菜2品とサラダまで一気にでてきました。 

この中ではサーモンのいくらのっけが好み。

IMG_7807

(ノブロー) お邪魔するだよ。   

嫌な目にあってるだが、前に進むしかねえだからな。

飯レポたまらねえように頑張るだ。

IMG_7829

(ノブロー) ララ見るだ。ワイングラスに使われているのは「うすはりグラス」だで。 

(ララ・メイ) あら、グラスの底がついばんだように隆起しているわ。

私がブログに使うため写真を撮らせていただいているとお店の方から

名刺をいただけました。 肩書きはお酒のアドバイザー。

同店では11月はボジョレーヌーボーの試飲会をなさってらっしゃるとのこと。
水曜24時を回った瞬間に解禁。 常連さんも多く出席なさるというお話でした。

さて、この「うすはりグラス」は日本酒用のもの、あえて、脚なしグラスで
提供していらっしゃるとのこと。

もともとは和食のお店をやってらっしゃってそこでも使われていたようです。

白ワインはジェンティモン・ブラン(フランス)。すっきりと飲める辛口。

IMG_7835   

(肉) 鴨のロースト   

シンプルに調理なさっていると思いますが、鴨肉も旨みがあって美味しい。

IMG_7851

下にはたっぷりの揚げゴボウ。カリッとサクッと噛んだらパリッとですYahho01

塩がきいていまして、噛み締めるとゴボウの風味とともに塩気も広がります。

IMG_7855

赤ワインにつかわれているのは「うすはり」の葡萄酒器。   

スタッフの方は客あしらいもお上手。チェイサーを頼んだところ、こちらから

言わずともカラフェでだしてくださいました。

いちいち、水、水っと頼むの面倒くさいですからね。

赤ワインは同じくジェンティモンのルージュ(フランス)。

果実味溢れるフルーティーで口あたりの軽いワイン。

赤も白もそれぞれの良さを楽しめるテーブルワインですが、個人的には赤の方が

好み。なのでメモを見ると白1杯に対し赤は6杯お替りをしています。

また、ワインはお料理に合わせて種類を替えてとまではいきませんが

目の前でボトル(ジェンティモン)を開封していただけました。

IMG_7857

(魚) トロカジキのレア炙り 

刺身でも食べれるカジキを軽き炙ったもの。ツメは甘め。カジキの脂が気になったら

レモンとワサビを使ってお召し上がりくださいとのご説明。

どうしてどうして、ツメは甘すぎず、トロカジキは柔らかく嫌な脂っこさは感じません。

こりゃあ、つまみになるわ。

IMG_7887

(一品) 情熱肉団子 ~チーズソース掛け~   

情熱肉団子??どこかで聞いたことあるし、このルックス記憶にある。

隣に座られた常連さんとおぼしきお客様がお帰りになる際に

「カシラによろしく」とおっしゃっていたので、もしやと思いお聞きしたところ

こちらのお店のルーツは中目黒の情熱酒場 亀吉商店

中目黒からこちらの方に移転したそうです。

まったく知らずにやってきましたがご縁は続いていたのですね。

昔、取り上げさせていただいた亀吉商店の記事。(つたない記録ですが・・・)

ちゃんとうすはりグラスも写っています。

情熱肉団子、相変わらずキュートななりしてやっぱり熱い。 

image

(ララ・メイ) かっわいー。たこ焼きみたい。

(ノブロー) ギンザBody は小粒でもダイナマイトだで。情熱は変わらんだ。

IMG_7893

(〆物) ガーリックライス   

季節のキノコ入り。

見た感じでガーリックライスにところどころダマができています。

もうちょっとパラパラになっていたほうが良いかなとも思いますが

味付け、ガーリックの加減ともに問題はありません。

IMG_7904

ちょっぴり居酒屋の名残を感じるお料理もありますが、ボリュームもたっぷりで

このフリードリンクつきのプランはかなり優秀ではないでしょうか。


しばらくすると私達の後ろの席では銀座でお勤めの女子と思われる数人で

女子会がスタート。やはりフリードリンクプランのようでした。


お店は平日深夜の営業にも対応しているので付近にお勤めのクラブの方も

ご利用されることが多いとのこと。いろんなシーンに対応可能のようです。

IMG_7822

そして、お土産もあります。

お父さんがこういうのを買ってきてくれたら嬉しいな~。   

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒でポッキリ合計9000円なり~。

このプランのCPの良さに着目して

満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface


GRILL KITCHEN KAEN

〒104-0061 東京都中央区銀座8-2-8 銀座高本ビル1F 

TEL 03-6252-4588 

営業時間/ 月~土 18:00~04:00(L.O03:00)  (ドリンクL.O03:30)   

          祝日 16:00~23:00(L.O22:00)  (ドリンクL.O22:30) 

定休日    日曜日

http://www.ka-en.net/

インディゴ 学芸大学

学芸大学、カリフォルニア料理「インディゴ 」(INDIGO)Aicon339

11月のレポートです。10月のレポートはこちら。

IMG_7923

今回予約の電話をいれたところ支配人さんとは別の方が対応。   

新しいスタッフの方が入られていました。

いつものようにブランチメニューにフリードリンク(¥2000)をつけてお願いしました。   

まずは、しゅわわ~なスパークリング(*^-^) グリュエ ブリュットです。

IMG_7928

マフィンはバナナ・シナモン・チョコチップとアップル・シナモン。   

各種1つずつ選びました。

IMG_7938

2杯目のスパークリングはグリュエ ブラン・ド・ノワール(左)    

口開けでいただけました。

ブランチメニューは   

COURSE Brestaurant@2000(前菜、メイン各1品のプリフィクス形式)×2で。

IMG_7919

訪問したのが11月はじめのためか?前菜の内容はまだ変わっていません。      

IMG_7951

(前菜) 長野、飯田 岡本さんより届いた千代幻豚の自家製ソーセージ   
                             リンゴのピューレ添え  

キドニービーンズ、ガルバンゾーなどの豆もたっぷり。 

自家製ソーセージはインド料理で使われるようなスパイスの香りを感じました。 

リンゴのピューレをつけていただくところが新味。 

IMG_7959

(前菜) 三浦、オーガニックロメインレタスのシーザスサラダ      
                    アボカドと紅ズワイ蟹を乗せて  

前回いただいて美味しかったので再び!です。 

トーストされたバゲットのスライスを自分で砕いて混ぜ合わせます。   

温泉玉子に代わりアボカドがコクを出してくれています。

IMG_7984

(白ワイン) DUCK POND シャルドネ    

花の香りのようないい香りエレガントです。   
連れ的には、すっきり飲みやすい中にしっかりとした旨みをもつワイン    
という印象。

IMG_7989

自家製パン      

IMG_7995

(ノブロー) 最近オラの椅子がなくなっただ。   

だで、パンと一緒の皿にお邪魔するだよ。

IMG_7997

(赤ワイン) DESERT WIND カベルネ・ソーヴィニヨン   

マグナムボトルで出していただけました。

ダックポンドの作り手がつくっておられるもので、先日の「ワインバー・インディゴ」    

のワインフェアにもって来られたとのこと。

「Thank you for Your Sapport」と記されサイン付きです!    

このような記念のワインをいただけるなんて感激heart

IMG_8005    
   
ソムリエである支配人さんのお話によると

ワシントン州の砂漠(緯度はブルゴーニュと同じ)で作られているそうです。   

といってもアフリカのように完全に枯れている状態ではNG。

水はけの良い砂漠ではブドウは地中深く根をはって水分を得ます。   

その際に石灰岩などの成分を吸収してミネラルが増えるようです。

IMG_7918

メインの内容もまだ変わっていません。      

IMG_8017

(メイン) 大山黒牛100%インディゴバーガー   

アボカドを選びました。

焼き方は注文時に聞いてくださるので今回はミディアムウェル。   

IMG_8041

中がほんのりピンク色の状態。 コレコレ!こうでなくっちゃ。

ミディアムだと赤く感じられ、ウェルダンだと硬直する感じでしたので中間にしました。

やっと同店での好みの焼き方にたどりつけたようです。 

肉々しくて美味しいW04  

でも、チーズもハラペーニョもアボカドもソースが同じなんですね。

となるとやっぱり好みはチーズです。

IMG_8026

(メイン) 秋田、吉川さんの比内地鶏胸肉とツクネの炭火焼き   
                    金山時味噌ヴィネグレットソース  

香ばしい炭火の香りが鼻をくすぐります。   

ササミ、胸肉、ツクネ、ポーチドエッグ、青菜の天ぷら、カリフラワー、小カブ、

エリンギ、ナス、マッシュポテト。ツクネの串はレモングラス。

鶏胸肉は脂が少なく、下手をすればパサパサになってしまいますが

焼き加減が絶妙なのか、調理法があるのか?しっとりとして美味しい。

また金山時味噌の使い方がとてもお上手でいい塩梅に仕上がっています。

IMG_8057

ナイフを入れましたよ。    

IMG_8058

迷わず絡めましょう。  うん、デリーシャスW04!!   

マッシュポテトと玉子の黄身を少しあわせ、ここに鶏肉をつけて

いただいても美味でした~。

 

新しいスタッフさんは接客に不慣れな面もみられましたが、一生懸命

良好なコミニュケーションをとろうと努力なさっています。

長い目で見てあげてくださいね(*^-^)

今回もデザートまでたどりけませんでした。満腹。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8400円なり~。

ブランチメニュー、フリードリンクともに消費税が加算です。

IMG_8062

(ノブロー) オラからも「Thank you for Your Sapport」 

ブログを読んでくれたみなに感謝だで。

カリフォルニア料理満足度数は、★★★★★ やっぱり特別ですcatface

 

インディゴ (INDIGO)

〒152-0001  東京都目黒区中央町1-12-6

TEL       03-3710-3399

営業時間/ ランチ (火~金) : 11:30~15:30 (L.O.14:30)

                   ブランチ (土・日・祝日):  11:30~16:30 (L.O. 15:30)

                   ディナータイム :火~木・日/ 17:30~24:00 (L.O. 22:30)

                   金・土・祝前日 / 17:30~25:00 (L.O. 24:00)

定休日    月曜日(祝日は営業)

http://www.restaurant-indigo.co.jp/       

トラットリア ゴデレッチョ 恵比寿 

恵比寿のイタリアン「Trattoria Godereccio  」(トラットリア ゴデレッチョ)Aicon339

IMG_7289 

お店は恵比寿と代官山の中間あたり、なだらかな坂道の途中にありますが

このあたりまでお店がのびてきているんだ、という隠れ家的な要素のある

場所でした。 こちらのお店は2度目のトライ。 1度目は予約の電話をいれた際に

時間で貸切が入ってしまっているということで、それでは・・・と断念したのです。

東京に台風が接近した秋の日の土曜日にようやく訪問。

見渡したところ客は私達だけ。

途中で道に迷い電話を入れたのでお店の方が心配して入り口付近で待機して

いてくださいました。

IMG_7324

白・黒のモノトーンシックな店内は大人が楽しめる雰囲気があります。

窓際のテーブル席を利用させていただきました。

IMG_7296 IMG_7294

さて、私達に2度のトライをさせた同店。

どうしてそこまでこちらに伺いたかったかというと、

「週末ランチコース」にフリードリンクのワインをつけれるのですYahho01 

この「週末ランチコース」の内容は

ゴデレッチョ スペシャル ランチコース@2000
(クリスタルサラダ・自家製パン・前菜盛り合わせ・パスタ・カフェ・ジェラート+小菓子 )
             ここにメインを追加注文すると割増+@980
        パスタ・メインはメニューより選ぶプリフィクス形式。

フリードリンクのワインは@1500
      時間制ではなく、コース終了時点までいただけるシステムです。

本日は1人がパスタどまりで2000円+1500円で3500円。
1人がメインもつけて2980円+1500円で4480円。でランチをいただきます。

IMG_7304

まずはスプマンテから。しゅわ~~。 甘口か辛口か選べます。

いただいたのはトスティ・プロセッコ(辛口)

IMG_7307

(ゴデレッチョ クリスタル サラダ)

ガストロバックという減圧処理をする調理法で作られています。

赤カブ、レタス、人参など。

半透明の美しいクリスタルサラダは味もしみこみやすく、旨みも逃げていません。

IMG_7320

ソースはカリフラワーを使ったソース。

ゴボウなどの根菜にも合いそうなさらりとして素材の持ち味を感じさせます。

IMG_7327    

ワインはボトルからサーブしていただけます。デキャンタ出しでないのは嬉しい。

(白・1杯目) バジリカータ ビアンコ アロヴィーニ

 ミネラル分の多いワイン。見た目に糖度を感じたのですがすっきり系。

IMG_7343

(前菜盛り合わせ)

本日の前菜は3種。

・左からバッカラ(干し鱈)のクロッカンテ。

干し鱈はイタリアではメジャーな食材とのこと。かりっと揚がって風味も豊か。

・中央はメランザーネ(ナス) ナスのラザニア風と言っていいのかな?

何層かに重ねて焼かれているのですが、もう少しソースがきいてメリハリが

あっても良いかな。ヘルシーでした。

・右は鴨のフレッシュテリーヌ モルタデッラ仕立て。

適度に塩気もあって前菜で一番のお気に入り。

連れは混ぜ物が少なくハムのような食感だと申しておりました。

IMG_7351

(ノブロー) オラもこのピスタチオが入ったソーセージが好みだで。

IMG_7355IMG_7354

お料理にあわせて次々にワインを替えて出していただけました。

その一部、写真を撮らせていただけたものを紹介します。

(白・2杯目) 
アロイス・ラゲデール ピノグリージョ

  スモーキーでスパイシー、ミネラル分が豊富で口の中にこもる感じ。

(赤・1杯目) 
グランサッソ・モンテプルチアーノ・ダブルッツォ モンテプルチアーノ

  個人的にCPの面からいただく機会の多いワイン。
  果実味が豊かで料理に合わせやすいと思います。

IMG_7358

ワイングラスもシーンに適した良いものを使われている様子。 

IMG_7368

(自家製 パン) オリーブオイル付き。

カントリーな温かみのある自家製パン。軽くトーストされていました。

IMG_7376

(ハチロー) やっぱ、パンってうまいだ。むしゃむしゃっ。

(ノブロー) ハチ、おめえは無邪気すぎるだ。ほれ、パンくずどうにかするだよ。

IMG_7386 

(タリアテッレ 帆立と茸の軽いクリームソース)

パスタは一部割増料金のかかるものもありますが、私はスタンダードでチョイス。

焼き目のついたぷっくり帆立。茸の風味の合わさったクリームソースも軽いため、

飽きることなく食べれます。

IMG_7394   

(蝦夷鹿のラグーソース ローズマリーを練りこんだパッパルデッレ)

栗も入っていました。濃厚な味わいですが、なかなか美味しいです。

IMG_7409   

パスタの量はどちらも少なめ、女子向けかもしれません。

また、手打ちなのかは不明。

ちょっぴりパスタは弱い気もしますが問題はありません。

IMG_7399 IMG_7401   

(赤・2杯目) カンディード サリーチェ・サレンティーノ・ロッソ

かなりしっかりしたワイン。
苦味を伴うような深みのある味、個人的にはボーダーライン。

IMG_7414          

(赤・3杯目) インフィニタス カベルネ・ソーヴィニヨン

私達がブルゴーニュグラスが気にいりました。ということで出してくれました。
好きなベリー系の香り、飲みやすくてスルスルはいる感じ。 

IMG_7433

(イベリコ豚のロースト 茸とナッツのソース)

連れのみメインも追加していたので2人分にお店の方で取り分けて出してくれました。

こちらは取り分けたにしてはボリュームあります。

アーモンド、クルミ、カシューナッツ。バターがきいたやや甘めのソースになります。

IMG_7439

(ジェラート&小菓子)

ライムのグラニタとアマレッティ。

IMG_7451

(カフェ)

食後はコーヒー、エスプレッソ、紅茶、ハーブティーから選べます。
これ料金内。感激。

ハーブティーをチョイス。ベルガモットとローズヒップとカモミール。

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計8130円なり~。

週末ランチコースは税・サービス料込みのお値段ですがフリードリンクのワイン
(1500円×2)について消費税がかかるようです。

それでも、CPの高さには感服いたしました。

気になる点があるとしたら、ナプキンとナイフレストがなかったことぐらいでしょうか。

しかしこうなると些細なことと思えています。

 

今回、ワインの口開けはありませんでしたが、お店の若いソムリエさんのお話に

よるとフリードリンクには自信ありとのこと。

この週末ランチ&フリードリンクも私達にとって理想的です。

このプランについての満足度数になりますが、

イタリア料理満足度数は、★★★★☆ とってもお気に入りですcatface

また行こう。

 

トラットリア ゴデレッチョ

〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-30-14 エコー代官山102

TEL       03-6416-1548

営業時間/ 土・日・祝日 12:00~14:30(U.O)  火~日・祝 18:00~23:30(U.O)

定休日      月曜日

http://www.godereccio.jp/

KAPPO R(カッポウアール) 恵比寿

お一人ランチは恵比寿の割烹料理「割烹RAicon339

IMG_7283

場所は恵比寿ビジネスタワーと道を隔てた横になります。 

IMG_7285

表にはランチメニューが貼り出されています。

お店は地下1階。ピアノジャズが流れるスタイリッシュな店内はテーブル席と

掘りごたつ式の座敷席、半個室もあるようですが、私は厨房を囲む

カウンター席に着席。 

IMG_7259

和牛しぐれ煮丼御膳restaurant@850

小鉢3種と味噌汁、香物付き。 薬味の黒七味もお膳にセットされ運ばれてきました。

味噌汁は油揚げ、ワカメ、麩。やや甘口の味わい。

IMG_7265

和のテイストがきいた小鉢3種。

左から卯の花だったかな?すみません、こちら失念しました。

中央は温泉玉子に柚子の皮が散らされています。右は油揚げと菜もののお浸し。

IMG_7268

和牛しぐれ煮丼。もちろん、温泉玉子はONしちゃいますよ。

IMG_7276

薄切りの和牛はささがき牛蒡と微量の生姜で甘辛く煮付けられています。

ここに温泉玉子を絡めていただくのだYahho01 

うん!想像どおりの美味しさ、ご飯がすすみます~W04 

IMG_7279

カウンター内では職人さんが4名でてきぱきと分担作業。

ホールは3名のスタッフさんで接客対応なさっていました。


1000円以下で大きな充実感を得られるランチ。

次回は釜揚げうどん御膳をいただきに必再訪したいな。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface


KAPPO R(カッポウアール)

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-13-3 メゾン113 B1

TEL            03-5447-2588

営業時間/ ランチ 月~土 11:30~15:00 (L.O14:30) 

                 ディナー 月~土 11:30~23:30(L.O22:30)

定休日        日・祝

http://www.japanchickenfoodservice.co.jp

聘珍樓 横浜中華街

横浜中華街、中華街本通りの広東料理の老舗 横濱「聘珍樓Aicon339

IMG_5557

某休日のランチにお連れさんがゲットした食事券を使って再訪ですYahho01 

IMG_5744

店内に入ると、利用は飲茶かお食事かを聞かれます。

食事でと答えると案内されたのは2階席。全席禁煙です。

IMG_5558

さて食事券は1万円。

店の入り口には土日・祝日限定のファイネストランチ3780円もありましたが、

実は先頃はじまったというフリードリンクも目当て。

IMG_5565IMG_5568

このフリードリンクのオプションをつけるにはコース料理を注文しなければ

なりません。(お店の方の説明によるとファイネストランチはフリードリンクを

つけれるコース料理として扱えないとのこと)

IMG_5562

そこでメニューをめくり、お手頃なコース料理「横濱中華街味わいコース

5000円×2にフリードリンク1000円(税・サービス料込1155円)×2を

セットしました。(フリードリンクもドリンクの種類の多さでプランが用意されて

いますが、基本、私達は中華には紹興酒がいただければそれで満足)

IMG_5571

また、オーダー時にはアレルギーのある食材はないかということも聞いて

下さいます。やはり聘珍樓、きめ細やかな配慮がなされています。

IMG_5578

フリードリンクのメニューによるとビールは瓶ビール数種類の中から選べる

とのことでしたが、生ビール(一番搾り)も注文できました。

紹興酒があれば良いといってもやっぱりな~、最初の1杯はこれがいいわ。

IMG_5585

(ノブロー) 中華街にようこそだ。

coldsweats01 ノブローさん、そこキミの座る場所じゃないと思うけどな~。

IMG_5602

焼き物入り前菜の盛り合わせ

クラゲ、チャーシュー、海老、帆立、鴨の燻製。

どれも一つ一つが丁寧に作られています。

たまにクラゲをいただいて独特の臭みが鼻につくことがあるのですが、

同店のものは上手に処理されているのでしょう。ふっくらナチュラルな味わいで

コリコリとした食感も豊か。

チャーシュー、鴨はしっとりとして旨みに溢れています。

IMG_5592

(ノブロー) タクロー、スズロー!みんなで前菜を囲むだ。

(タクロー&スズロー) 囲むだ、囲むだ。美味しそうだなぁ。

IMG_5622

えのき、鶏肉入りフカヒレスープ

ややスープの餡がかたい気もしましたが、しっかりダシが効いていて美味しい。

ちょっぴり、かさを増しとも思えたえのきもこの場面ではOKでした。

IMG_5639

次は紹興酒。ロックでいただきます。 赤いグラスには水。

やはり普段いただいている紹興酒よりうまいW04

IMG_5687

聘珍樓特製芝海老のチリソース

ぷりっぷりの芝海老とたっぷりの刻みネギ。

甘みと酸味のバランスもよく、旨みもしっかりしている。

揚げられたワンタンの皮がはじめはパリッと次第にしんなりと変化し

味が馴染んできます。

IMG_5704

(ノブロー) ララ、オラにエスコートさせてくれだ。

(ララ・メイ) アタシ、海老すきよ。

IMG_5651

三種点心海老餃子・蟹肉入り包み蒸し・春巻)

半透明のむっちりつるるんとした皮に包まれた海老餃子。蒸してあります。

IMG_5662

もうっ、ぷりっぷり。

IMG_5645

三種点心(海老餃子・蟹肉入り包み蒸し・春巻)

こちらの皮は海老餃子に使われていたものと比べて薄め。

IMG_5674

それでですね、メニューには「蟹肉入り包み蒸し」と記されていますが

手元のメモを見ると、店員さんからは「蟹とフカヒレの包み蒸し」と説明を

受けたようです。 しっとりとした皮と海老の甘み。

これも日常的に私がいただいている点心とは一線を画するものでした。

IMG_5650

三種点心(海老餃子・蟹肉入り包み蒸し・春巻

皮がぱりっと軽く、中の餡はとろ~りジューシー。

下味がついているので何もつけずこのままいただいても十分に美味しい。

揚げている油が違うのかな~? からりと揚がっているのです。

全体を通して点心の餡はすべてに下味が施されている印象。

IMG_5659

(ララ・メイ) ノブロー、アタシこの海老餃子がいいわ。

むっちむちで肌に吸い付きそうな皮ね。

IMG_5682

(ノブロー) 卓上には醤油、黒酢、辣油があるだよ。

ララ、何か使うだか?

IMG_5710

特選豚内腿肉の沙茶醤炒め

丁寧に作られており安定感あり。

日本人に合うようにアレンジされていると思います

IMG_5722

(ノブロー) 油通しってやつだな。基本だで。

まぁ、ノブローさん、生意気よっsweat01

IMG_5732

牛肉の細切り入りあんかけかた焼きそば豆鼓味

牛肉、赤・青ピーマン、たまねぎ、椎茸、もやし。

少しフルーツの皮のような酸味を感じたのですが、陳皮が入っていたのかな?

詳しくは不明。

IMG_5759

(ララ・メイ) 灯りがついたわ。なんとなくロマンチック。

(ノブロー) もう16時近くだで、ディナータイムへ切り替わる準備かもしれねえだ。

IMG_5764

中国茶。 おしぼりは計3回取り替えてくださいました。

IMG_5779

デザート(アンニンドウフ、愛玉子ゼリーをチョイス) 

デザートについては、やや弱い感じはしましたが、不足なし。

IMG_5791

(ノブロー) 今日はララと中華街でデートできて楽しかっただーー。

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理(コース料理に10%のサービス料加算)と

お酒で合計13310円なり~。 お食事券を使い残りは現金にてお支払い。

横浜中華街満足度数は変わらず、★★★★ 積極的に好きですcatface 

中華街で何か特別な時間を過ごしたいときに候補に考えたいお店かもしれません。

 

さて、横浜駅までの無料送迎バスを利用させていただこうと思ったのですが

出たばかりで50分待ちとのこと。

送迎バスを利用の際は予め予約のうえ、行動計画をたてたほうが良さそうです。

 

横浜中華街 聘珍樓

〒231-0023 横浜市中区山下町149番地 中華街大通り

TEL 045-681-3001

営業時間/月~木・日・祝 AM11:00~PM22:30(L.O.21:30)    

        金・土・祝前  AM11:00~PM23:00(L.O.22:00) 

定休日   年中無休

http://www.heichin.com/

みの家 本店 (みのや)

森下の、老舗馬肉料理店「みの家」にお邪魔しましたAicon339

IMG_5817

私達は都営大江戸線で向かったのですが、森下駅へ着くアナウンスの放送を、

何気なく聞いていると

「桜なべのみの家にお越しのお客様はこちらです」と流れていました。

ほぉ、さすがじゃ。

森下駅、A4出口を出たら左へ、交差点を直進。

まもなく歴史を感じさせる木造二階建ての家屋が視界に入ってきます。

創業明治30年(1897)。現在の家屋は昭和29年に建てられたものとのこと。

見上げると「登録商標 みの家」と老舗の風格のある看板。

IMG_5819

靴を下足番の男衆に預けると1階籐敷きの座敷にどうぞとのこと。

高い天井、ステンレスの長机がずずっと奥まで2列並んでいます。

IMG_5828 IMG_5831 

連れと私はガス台を挟み向かい合って座り、隣には他のお客様が座るという仕組み。

お店のHPを拝見するとこれを「入れ込み式」と言うそうな。

写真は下足札の表と裏。

IMG_5888

1階、座敷の奥には箱庭があるのですが、その手前には目を見張るほどの

大きい見事な熊手。  熊手は家内安全、商売繁盛の招福をもたらすとされて

おりますがこれまた粋を感じさせてくれます。

IMG_5824

この日は日曜でして、通し営業。

少々遅い昼になりますが御品書を拝見。

IMG_5885

(ノブロー) 今日はモモローと桜なべをごっちゃんになるだよ。

(モモロー) オラ、モモローだ。身体はいかついけど、ハートはソフトだで。 

IMG_5844

玉子焼restaurant@500 

ピンガさんおすすめの玉子焼。 まずはこの大きさにびっくり。

しっとり焼き上げられた黄金色の玉子焼は表面の焦げ目もチャームポイント。

IMG_5860

中はところどころとろ~りとして、玉子の旨みも濃厚。

甘さは程よく、くどさがありません。

Okini02_3 ほんわり口あたりの良い玉子焼。これが500円とはお値打ちだわ。

IMG_5882

(モモロー) ええ色してるだ。味わってごっちゃんにならねえといけねえな。 

catface そうそう。モモローさんも召し上がれ。激ウマよ。

IMG_5900

肉さし(馬肉刺身)restaurant@1800 

艶やかな赤身肉とおろし生姜。 こりゃ、ウマイっ

滑らかで赤身の旨さを存分に堪能できます。 生姜醤油にしていただきますが、

醤油もコクがあって美味しいわ。

IMG_5915

(ノブロー) また酒が進んじまうな。

IMG_5834

お店のロゴが入った鉄鍋には割り下。

鍋の火は店のおばちゃんにつけていただきます。 

IMG_5839

桜なべrestaurant@1800 

ロースやヒレもありましたが、初心者の私達は基本となる赤身で。

IMG_5853

赤身肉、コーネ脂、麩、ネギ、味噌タレ。

IMG_5850

しらたきも隠れていました。 

IMG_5863

肉の色が変わったらいただけますよ。とお店のおばちゃんからの指導あり。

臭みはまったくない赤身肉~Yahho01 

柔らかくて、脂が少ないためあっさりいただけ旨みは十分です。 

IMG_5877

私達は鍋の中央に肉を置いて周りに野菜や麩を並べた形になってしまいましたが

あとから気がつくと「桜なべワンポイント」が記されていました。 以後学習。

IMG_5866 IMG_5871

生玉子@50×2 

溶き玉子にからめていただきますW04 うん!ウマイ。

IMG_5875 

なべの割り下は薄割と濃割。

長机に置かれていますので煮詰まってきたら調整します。 

IMG_5892

ワイン トーレス(スペイン産)1/2ボトル@1200×2

写真に撮り忘れましたがビール(アサヒスーパードライ 大)@600をいただいた

あとはワインに移行。1/2でこのお値段ですから私達のお財布の許容範囲内。

IMG_5897

(ノブロー) 酒はこの他にウイスキーもあっただ。1/4ボトル、ミネラルウォーターと

氷付で1400円だっただ。 

IMG_5925

桜なべrestaurant@1800   

ゲキウマなので追加注文。

今度はワンポイントに従って作るぞぉ。

隣の年配の常連さんとおぼしき方々の追加注文を拝見していたところ、

野菜なしの肉のみでお願いなさっていました。

なるほど~こういう注文の仕方もありかcatface

肉はさっと色が変わったところでひきあげちゃうもんね。

どうしたって野菜が残りがちになる。そしてまた肉が欲しくなる。 要学習pen

IMG_5938

(しずか) 人の振り見て我が振り直す?

いや~、ちょっと意味合いが違うかなcoldsweats01

常連さんの注文の仕方が勉強になったってことだよ。

IMG_5941

御飯restaurant@300 

私は御飯がいただきたいので注文。すると、おひつで登場。

あっ、なるほど~。

300円の御飯っていいお値段だと思ったらこういうことだったのね。

お替りをしたって、お連れさんの分も十分にあるわ。

IMG_5947

冷酒 白鶴生(一合)@400

そんな私を横目に、連れはやっぱり日本酒も飲みたくなった様子。

もちろん私もご相伴に与ろう。

IMG_5933 

(ヨンクマ&しずか) よく飲むし食べるね~。 目がテンになっちょうよ。

catface そんなつぶらな瞳で見つめないで。恥ずかしいよ。

IMG_5921

さて、座敷奥の箱庭には。 

IMG_5953

馬頭観音が祀られていました。 

IMG_5955

お会計は席にて。支払いが済むと会計済みの札がだされます。

下足番にこれと下足札を併せて渡し靴をだしてもらうのです。

さて、お名残惜しいのですがこれにて退席。

IMG_5962

馬肉料理の美味しさに加え、お江戸下町の風情が感じられる素敵なお店でした。

Hand01お会計は、2人で、

上記お料理とお酒で合計9700円なり~。

馬肉料理満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface

なお、お土産の地方発送をお聞きしたところ受け付けていないとのこと。
持ち帰りのみのようです。
また、馬油は手荒れにも良いとのお話でした。

 

みの家 本店

〒135-0004  東京都江東区森下2-19-9

TEL      03-3631-8298

営業時間/  月~土 12:00~14:00  16:00~21:30(L.O.21:00)

        日・祝 12:00~21:30(L.O.21:00)

定休日/   木曜日・5月~10月の第3水曜日          

http://www.e-minoya.jp/

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

01-1.みにの外食グルメ★★★★以上 | 01-2.みにの外食グルメ★★★☆ | 02-1.中華料理 | 02-2.担担麺 | 03.ラーメン | 04.韓国料理 | 05.エスニック | 06.カレー | 07.蕎麦・うどん | 08.寿司 | 09.鰻・どじょう・穴子 | 10.とんかつ・天ぷら | 11-1.和食全般 | 11-2.和食 丼 | 11-3.和食屋・居酒屋の定食 | 11-4.和食 鍋 | 12.イタリアン | 13.フレンチ | 14.スペイン | 15-1.洋食 西洋各国料理 | 15-2.洋食屋ランチメニュー | 16.グルメバーガー | 17.Bar・カフェ | 18-1.居酒屋 | 18-2.居酒屋 | 19.お一人ランチ | 20.寝太郎のぐるめコーナー | 21.内飯・弁当・土産・取寄せ | 22.競馬の話 | 23.ぬいさんの話 | 24.免責事項等 | A-01.飲食 目黒・武蔵小山 | A-02.飲食 中目黒・祐天寺 | A-03.飲食 学芸大学・自由が丘 | A-04.飲食 渋谷・恵比寿 | A-05.飲食 新宿・新宿御苑・新大久保 | A-06.飲食 神楽坂 | A-07.飲食 田町・三田 | A-08.飲食 白金 | A-09.飲食 麻布 | A-10.飲食 赤坂・六本木・青山 | A-11.飲食 日本橋・三越前 | A-12.飲食 新橋・銀座他 | A-13.飲食 蒲田・大森・五反田・品川 | A-14.飲食 上野・浅草・北千住 | A-15.飲食 その他23区 | B-1.飲食 川崎・横浜 | B-2.飲食 元町・山下町 | B-3.飲食 鎌倉・葉山 | B-4.元町中華街 中華特集 | C.飲食 北海道 | D.飲食 京都 | E.飲食 神戸・淡路 | F.飲食 九州 | G.飲食 千葉 | お出かけ・横浜 | 旅行・九州 | 旅行・京都 | 旅行・北海道 | 旅行・四国 | 旅行・地域 | 旅行・神戸・淡路 | 日記・コラム・つぶやき | 海水浴