2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ウェザーニュース

最近のトラックバック

カレンダー

無料ブログはココログ

おにぎりくん

管理人より

  • 当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。

A-10.飲食 赤坂・六本木・青山

新北海園 六本木

お一人ランチは六本木、北京料理「新北海園

IMG_0070

場所は、六本木交差点から向かい飯倉片町交差点手前、外苑東通り沿いに

面しています。 店内に入ると喫煙か禁煙かを聞かれます。

禁煙でとお願いするとお2階へどうぞとのこと。

IMG_0074

なんとなく歴史を感じさせるインテリア。

窓際のテーブル席を利用させていただきました。 

IMG_0072

某グルメサイトによるとタンタン麺の評判が良いようなので、私もいただきに

あがりました。 

IMG_0085 

タンタン麺restaurant@980

お茶、お新香(ザーサイ)、デザート(ゴマ団子)付き。

白飯はサービスでいただけるとのことでお願いしました。

IMG_0098

麺が、中細の縮れ麺です。

どうだろう・・・個人的な偏好によるものですが、やはりタンタン麺には

ストレートな中華麺が好み。 肉そぼろにももどかしい思いが残る。

芝麻醤をきかせたスープですが、私にはシャパシャパ系と感じました。

一見してマイルドな味わいかと思いきや飲み進めると辛みの中に深みが

でてきます。

白飯はいまひとつで、このスープも悪くはないのですが、ご飯を投入して

いただくにはしっくりときませんでした。ごめんなさい。

IMG_0101

ゴマ団子はさっくり揚がっており、軽い口あたり。

やはり好みは十人十色ですね。

お店には常連さんもしっかりついており「今日は何がおすすめ?」とホールに

出てきたシェフにお聞きしたり、スタッフの方と世間話ができる温かい

雰囲気がありました。

ご馳走さまでした。

 

新北海園

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-2 大昌第2ビル1F

TEL     03-3505-7881

営業時間/ 平日 11:30~15:00 17:00~22:30 日・祝 11:30~22:00

定休日    年中無休

http://www.shin-hokkaien.com

TAPEO 六本木

某日、六本木。

六本木でディナーをということで珍しくハイヒールを履いたら、たちまち

靴擦れを起こしてしまいました。 

美術館に寄ろうと思っていたのですが、痛くて歩けないっsweat01

ディナーの予約時間まであと一時間ほど。

しかめっ面の私を見るにみかねてお店に入ろうと連れが提案してくれました。

IMG_5279 

でも、がっつり飲むわけにはいかないし、ちょっと飲みのウェイティングバーで

利用させていただいたのは六本木ヒルズ内のスペインバル「TAPEO

メトロハットハリウッドプラザの地下2階になります。

IMG_5275

ずずっと広い店内。時間は17時少し前でしたが先客は奥のテーブル席に2組ほど。

IMG_5249

こうした理由で時間調整を兼ねアルコールの置いてあるお店をヒルズ内で探した

のですがなかなかいいお値段。しかし、同店のサッポロ生ビールは370円。

地獄に仏とはこのことだわ。ありがたいです。

IMG_5254

チョリソーとガルバンゾ豆煮込みrestaurant@380

ピリ辛の冷たいタパス。

作りおきのものだと思いますがトマトの甘みも濃厚でいいおつまみになりました。

IMG_5259

(ノブロー) 足と歯が痛えのは我慢ならねえだからな。

これに懲りて履きなれねえもん履くでねえだ。

(スズロー) ノブロー、連れてきてもらってるのに説教してるだ。

(チビッチ) でも予定狂っちゃったもん。一理あるね。

IMG_5272

天井も高いし、混雑時にはどんななんだろう。 来店なさる客層は?

などと想像をめぐらしているところでタイムアウト。

予約のお店へ移動の時間です。

 

同店はリーズナブルなタパスもありますので、使い方によってはソコソコお手軽に

楽しめるのではないでしょうか。

個人的にはがっしり腰を据えて飲むタイプのお店というより、ささっと軽く飲みが

オススメのような気もいたします。

今回は諸事情による立ち寄り、お料理もタパス1品しかいただいておりませんし

満足度数は見送ることにいたしますcatface

 

TAPEO

〒106-6108 東京都港区六本木6-4-1 六本木ヒルズメトロハットハリウッドプラザB2

TEL     03-5412-2125          

営業時間/ 11:00~23:00

定休日    無休 

きすけ本店 溜池山王

お一人ランチは溜池山王の親子丼、地鶏料理の「きすけAicon339 

IMG_6050

仕事で六本木まで来たのですが、時間調整が必要な状況。

千載一遇のチャンスとばかりに駆けつけました。

私の行き方ですと、場所は溜池山王駅12出口を出て、六本木通りを溜池の

交差点に向かいます。

六本木通り沿いには都営バス01系統、「溜池」バス停があり、この斜め前に

神戸らんぷ亭があるのですが、手前の路地を入ったところになります。

IMG_6048

表には雑誌に親子丼26店として取り上げられたページがでていました。

この界隈では親子丼の美味しいお店として定評も高いのです。

IMG_6052

しかし、やっているかな~。時計を見ると11時27分。

某グルメサイトの情報だと営業時間は11時30分からと記されていましたが・・・。

よく見ると営業中の札が下がっているわ!らっきーです。

よろしいですか?と声掛けをしてお店に入ると店内は間口の狭い細長い造りで、

入り口近くには細長い数人掛けのテーブル席が一つと奥の厨房前には

カウンター席が6席。

お店のおかみさんの、こちらにどうぞ!との案内に従いカウンター席へ向かうと

すでにお1人様の先客が親子丼を召し上がっているではありませんか。

11時からなのかな?詳しいことはお聞きしませんでしたが、早めに戻らねば

ならないのでいずれにしても営業されていて良かった、混んでなくて助かりました。

IMG_6058

親子丼(普通盛り)restaurant@950

メニューは親子丼のみ。大盛りは@1000。

厨房では、コンロに親子鍋が並び、割りしたをはってスタンバイ状態。

注文を通すと鶏肉が投入されました。

みそ汁、サラダ、漬物付き。 サラダのドレッシングは和風。

IMG_6059

鶏肉と玉子のみになります。

秋田比内地鶏のぷりっぷり、むっちむちのしっかりした肉質

噛み締めるたびに旨みがじゅわ~と広がります。

とろっとろの半熟玉子もウマイ。美味しい卵って白身の部分に嫌味がなくて

スルーといけてしまいますね。品の良いあまさを放つ感じでした。

IMG_6069

黄身の色が濃厚 ご飯の余熱で次第に固まってきてます。

また、汁だく状態も嬉しい。

私にはやや割りしたが甘めにも感じましたが、べたつくような後味の

悪さはまったくなく、さらりといただけてしまうまるみを持ったお味でした。 

IMG_6075

みそ汁の具は麩とネギ。

味噌に麹が多いのかな? ぬくもりを感じる好きな味。

IMG_6079

個人的には比内地鶏を炙った香ばしさのある親子丼として日本橋の

日乃本 比内や」さんのファンでしたが、炙っていないこちらもなかなかでした。

何と言ってもこれだけの親子丼が1000円以下でいただけるのはあっぱれですshine

 

お店は店主とおかみさんのお二人で切り盛りなさっておられました。

美味しいものはすぐになくなってしまいます。

食べ終えて「ご馳走さまでした」と席で会計を済ませ、お店を出ようとすると、

いままでカウンター内でトントンと音をたて包丁を使っていらした(鶏肉の準備を

なさっていたのでしょうか?)店主も手を止め「どうもね~」「ありがとう」と声を

かけてくださいました。

小ぢんまりとしていましたが、気さくで温かい人柄を感じさせる対応で

近くでしたら頻繁に美味しい親子丼とご夫妻のお顔を見に立ち寄りたくなる

ようなお店でした。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface

 

きすけ本店

〒107-0052 東京都港区赤坂2-10-16 赤坂スクエアビル 1F

TEL      03-5570-2810 

営業時間/ 月~金 11:30~14:00 

定休日    土曜・日曜・祝日

赤坂 松葉屋

赤坂、松茸飛騨牛専門の和食店「赤坂 松葉屋Aicon339 

IMG_6081 

場所は溜池山王駅、赤坂見附駅ともに徒歩5分、千代田線赤坂駅からは徒歩1分 

ということですが、私は赤坂見附から、みすじ通りを溜池山王方面に進みました。

この行き方だとお店はみすじ通りの左側に面しています。 

同店には最近訪問しました。 松茸のシーズンは9~10月なのですね。

個人的に夏が長いもので、9月に入って松茸がいただけるというのに頭が切り 

かわらずここ数年、松茸御飯を食べ損ねています。

実に悔しいものですweep 本年もMorさんのブログを拝見して慌てました。 

他店になりますが、松茸御飯を含むランチが9月末で終了とのこと。

連れと大騒ぎをして探したのがこちら、「赤坂 松葉屋」さん。 

松茸は季節ものですので、急いでお伝えしようと思います。

IMG_6083

こちらでは、松茸づくしのお料理が比較的リーズナブルなお値段で 

いただけるのです。

松葉屋さんのHPを拝見すると、メニューについては 

ぐるなび 松葉屋赤坂店 をご覧ください。」となっていました。

松茸ランチの「昼小懐石 松(要予約)」@5250と 

土日祭日夜限定の「土日祭日 松茸づくしコース」@5250

料金も内容もほとんど同じなのですが、私の訪問した日は土曜日の昼。 

この場合、松茸づくしの昼ご飯はどちらになるのかしら?

ランチが優先?それとも土日祭日が優先? 

結論から申し上げると、「土日祭日 松茸づくしコース」@5250でした。 

しかも夜の場合は別途サービス料10%かかるのに対し、昼はかかりません。

IMG_6087

お店は1階が、ご贈答品の販売コーナーで、階段を上った2階がお食事のフロアに 

なっています。2階にて靴を預け正面左側のテーブル席にご案内いただけました。

窓の外にはみすじ通りが見下ろせます。 

IMG_6085

結論を先に申し上げましたが、予約の電話を入れた際に、昼はサービス料が 

かからないとのことでしたので、てっきり「昼小懐石 松(要予約)」の方だと

思っていました。違うのではなかろうかとわかったのはこうして記事を書くに 

あたり写真を見てからです。

「土日祭日 松茸づくしコース」の内容は   

1.松茸の食前酒   
2.酒菜   
3. 松茸土瓶蒸し   
4.松茸 炭火踊り焼き   
5.松茸 飛騨牛すき焼   
6. お食事(松茸ごはん・香の物・お椀)   
7. デザート   
※グラス生ビール・麦焼酎・ソフトドリンクからワンドリンクサービス

IMG_6104

テーブルに置かれていたサービスドリンクメニューから選んだのはグラス生ビール。   

アサヒプレミアムを選びました。   

IMG_6097

1.松茸の食前酒 と 2.酒菜   

小鉢のちりめん山椒は、はじめからテーブルに用意されていました。

味つけはしっかりとしていますが品の良さがあります。 

細長いお皿の左からは、秋刀魚の甘露煮、青菜のお浸し、銀杏と小さいイモ、

イチジクのゴマ和え。 季節感のある酒菜です。 

IMG_6160

(ノブロー) 松茸の食前酒ってやつだが、口当たりが甘くて松茸の香りが 

プンプンするだ。こりゃあ、クラっと効きそうだで、気ぃつけるだ。 

IMG_6132

お浸しの中にも松茸が入っています。   

IMG_6134

(ノブロー) 食前酒で松茸の香りは覚えただ。 次は松茸を味わうだな。 

IMG_6116

3.松茸土瓶蒸し 

大き目にスライスされた松茸が3枚、ハモ、銀杏、三つ葉。

お猪口には、すだちが用意されていました。 

香りと旨みのたっぷり出たお出汁をいただくと広がる豊かな風味。

秋到来、なんとも贅沢な気持ちにさせてくれます。 

IMG_6121

(ノブロー) こりゃ、たまらんだ。 ここ来てよかっただ。 

IMG_6165

吉乃川樽酒@1000×2 

別注文で日本酒です。やはりこの場面では日本酒いっておかないと!!

お酒のメニューを拝見しましたが、日本酒、焼酎、ワインなどバラエティに富んで 

取り揃えられていました。

IMG_6155 IMG_6154

IMG_6151 IMG_6148

しかし、酒単価はお高め。日本酒の中で一番リーズナブルな吉乃川樽酒を注文。 

やや甘口、樽酒とあってか、木の香りがしました。 

IMG_6168

(ノブロー) 日本酒だ。ランちゃんに報告せにゃならんだが 

オラ、酒がまわってきただ。腰にきたぞっ。

coldsweats01 やだ、ノブローさん。またですか?顔が赤くなってきたけど、

ひっくり返らないでね。 

IMG_6128

4.松茸 炭火踊り焼き   

木枠に入った炭火のコンロ、この網の上にスライスされた松茸をのせて焼きます。

松茸の数は7~8切れ。 

IMG_6140

ワンダフル!!lovely 焼きすぎないよう注意です。   

香りとともに松茸のシャキシャキとした食感を楽しめますね。

IMG_6157

(ノブロー) 松茸がでたでた、皿にでたあ~のホイホイnotes 

coldsweats01 炭坑節?ついにノブローさん、鼻歌がでちゃったわね。 そんな失態をすると

食のアイドル降格かもよ。 

IMG_6170

(ノブロー) 食レポするだ。薬味の皿だ、すだち、塩、生姜醤油。 

塩はパウダー状の塩だで雪塩かもしれんだ。 

IMG_6177

(しずか) アタシ、お塩でいただくのが気にいっちゃった。   

IMG_6174

(ノブロー) 土瓶蒸しのつゆ、ぜーんぶたいらげたでオラ復活だ。 

ごっちゃんでしただ。美味かっただぁ。

IMG_6183

5.松茸 飛騨牛すき焼 

先ほどの松茸 炭火踊り焼きは2人で一つの炭火コンロでしたが、すき焼きは

1人ずつ卓上カセットコンロを用意してくださいました。 

贅沢させていただいてますね。

予め、肉や野菜、割りしたは鍋にセットされている状態で運ばれてきます。    

IMG_6189

牛肉、水菜、白菜、焼き豆腐、ネギ、こんにゃく、松茸、飾りばかりに人参は1枚。   

この牛肉は飛騨牛、艶々として見るからに旨そう

ナマでもいけるんじゃないっと思ったぐらいです。 

割りしたは煮詰まってきてもベタつかずくどさがありません。 

IMG_6195 IMG_6231

生玉子につけていただきます。 

一口いただいただけで感動!柔らかくて甘みがあって、サシの入り方もよいので

しつこさがなく和牛の持つ繊細な力強さが伝わってきました。   

このすき焼きウマしW04

あとでお店の方にお聞きしたところ、飛騨牛4等級のものだそうです。   

IMG_6217

6. お食事(松茸ごはん・香の物・お椀) 

すき焼きと一緒に松茸ごはんがいただきたいのでお願いしました。 

お椀は吸い物でカブ、葉もの、食用菊、焼き米、梅、吸い口は柚子。 

塩味で整え、程よい餡でまとめられた味わいは滑らかで上品。

香の物は大根、人参、もう一種類は大根の葉を使った漬物です。 

IMG_6225

おひつで置いていってくださるので抱え込み状態です。 

松茸、油揚げを細かく刻んだもの、三つ葉、それと少量の鶏挽肉が入っている

ように思えました。   

松茸は予めしっかり下味をつけて炊かれたものを炊飯の際に使用なさっている

ように感じましたが、このお値段での松茸づくしコース料理です、 

〆の松茸ごはんに、何ら不足を感じませんでしたし、おひつで置いていって

くださるので気兼ねなくお替りができ、お腹も満ちました。 

IMG_6236

(ノブロー) 松茸ごはんとすき焼き、最高だで~。秋ってええだな~。 

(オラーズ) うぉぉぉーー!もう我慢ならねーだ。 控えてらんねぇー。

オラ達もごっちゃんになりてぇだーー。   

(しずか) あれ?オラーズ、人数増えてなぁい??

IMG_6239

7. デザート 

デザート時におしぼりとお茶を差し替えてくださいました。

入店時のお茶は、ほうじ茶でしたが緑茶になります。 

デザートは豆腐プリン。カラメルではなくパッションフルーツのような酸味と甘みを

もったソースがかかっています。 

ババロアのような舌触り、バランス的に甘さも程よく美味しくいただけました。

IMG_6254

(ノブロー) 紹介するだ。先月、中華街で兄弟が増えただ、新入りは 

モモローって言うだよ。

(モモロー) オラ、モモローだ。宜しくだ。 

(しずか) オラーズはどんどん増殖してるね。 

coldsweats01 また養育費が増えるのね・・・sweat01 わかったわ。仲良くしようね。

IMG_6259

土曜の昼過ぎ、場所柄のせいかみすじ通りの人出はまばらですが、お子様連れの 

ご家族も来店なさっています。

建物の構造上、声が響きやすいのは難点かもしれませんが、お客様の波が 

ひけた頃には、ふと耳を澄ますと洋楽のBGMが流れているのに気がつきました。

同店の立地などからして、夜は接待に使われることも多いと思いますが、 

私達の訪れた日は隣のテーブル席は空いておりましたし、ゆっくりとお食事が

できる、週末ランチの穴場ではなかろうかと思いました。    

IMG_6263

さらに、このコースにはお土産が付きますshine 

この場で開封した包みの中には松葉屋オリジナルの海老しんじょうゆば巻き、

もう一つは自宅で開封しましたが、なかみは紅鮭昆布巻でした。 

お会計後は、1階の販売コーナーにて、一合用の炊き込みご飯の素を購入。

後日、油揚げなどを加え炊き上げたところかなりお店の味に近く出来上がりました。 

IMG_6267

お店の方に伺ったところ、松茸のコースは11月半ばまでの予定ですが、 

いまある松茸がなくなり次第終了、おそらく10月末か11月はじめで終わって

しまうのではなかろうかとのことでした。 

 

Hand01お会計は、2人で、上記お料理とお酒で合計12500円なり~。

松茸に関してはすべて国産であるかどうかは不明ですが、松茸づくしのお料理と 

飛騨牛すき焼きのコラボは素晴らしかった。

このコースのCPの高さにも着目して 

松茸・すき焼き満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface 

 

ご利用はサービス料10%のかからない土日祭日ランチの松茸づくしを

オススメします。 なお、その場合は要予約、また仕入れの関係上、

当日キャンセルは100%のキャンセル料がかかりますのでご留意くださいませ。 

また、お店本来の定休日は日・祝なのですが、秋の松茸の時期は不定休と

なりますので事前にお店の方に確認をなさったほうが良いと思います。 

 

赤坂 松葉屋

〒107-0052 東京都港区赤坂3-12-18 第8荒井ビル1・2F 

TEL          03-3583-9595

営業時間/11:30~14:00   17:30~22:30(L.O.22:00) 

定休日 日、祝

http://www.matsubaya.co.jp/

Cafe&Bar Vartan 六本木

お一人ランチは六本木、Cafe&Bar「VartanAicon339

IMG_2799

こちらは以前ご紹介した六本木の「CHACO」の地下のお店です。 

IMG_2794

お目当ては以前から気になっていた地下限定 和牛切り落とし丼@950

やっぱり限定の文字に弱い自分です。

IMG_2773   

細長く薄暗い照明の店内。BGMが静かに流れ、広くはありませんが重厚な雰囲気

の中にほっと一息つける居心地の良さを感じました。 

12時前に来店しましたが、私がこの日の口開けの客、お店の年配の男性が

お一人で対応してくださいました。

IMG_2770

和牛切り落とし丼restaurant@950 

まずは、サラダにカップスープ。

サラダはレタスとトマトのみ、シンプルですがたっぷりのドレッシングが嬉しいです。

カップスープはコンソメベース、ワカメと刻みネギ。 

IMG_2776

和牛切り落とし丼には温泉玉子がついてきますからお好みで使えます。

さて、丼と言ってもこちらで供されるのはシックな平皿。

この平皿にはボイルされたブロッコリーと人参、マイルドな味付けのガーリック

ライスは肉の炒め汁を染みこませている様で上には刻み万能ネギ。

IMG_2785

温泉玉子を割ってみましたよYahho01

この和牛切り落とし丼は1日5人前の限定食で、肉はCHACOのステーキ肉の

切り落としとのこと。 したがって提供していただける数も少ないのです。

醤油と酒ベースの特製だれを絡め塩胡椒で整えられています。

IMG_2788

温泉玉子を崩し、切り落とし肉やライスに絡めていただきます。

うん!ウマイW04

切り落とし肉は、柔らかい肉質に程よい脂、一口いただくと上質な甘みと

旨みが口の中に広がり、ガーリックライスとの相性も抜群 

温泉玉子を絡めるとさらに品良くまろやかな味わいになります。

IMG_2791

ライスの量としては、男性などよく召し上がられる方には幾分か少なく感じられる

場合もあるかもしれませんが、バランスの整った和牛切り落とし丼であり、何より

1000円以下でステーキ専門店CHACOの肉を味わえるというお得感は大きい。

IMG_2796

また、地下ではプラス300円で香り高いドリップコーヒーが楽しめるとのこと。

ランチでセットするにはいいお値段なので、こちらは遠慮させていただきましたが

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface 

 

Cafe&Bar Vartan

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-22 「ステーキハウスチャコ」内地下1階

TEL     03-3583-8101

営業時間/ 月~金カフェタイム11:30~16:00(LO15:30)
                           バータイム17:00~22:30(LO 22:00)

        土・祝 カフェタイム12:00~16:00(LO15:30)
             バータイム17:00~22:30(LO 22:00)

定休日    日曜日

ジャスミンタイ 六本木店 (JASMINE THAI)

お一人ランチは、六本木のタイ料理「ジャスミンタイAicon339 再訪です。

IMG_1136   

本日のチョイスは、海老ココナッツカレー@1200

サラダ、スープ、デザート付きですYahho01

ライスのお替りはセルフになりますが自由

サラダドレッシングも変わらず、ぴりっと甘辛くてエスニック風。
デザートもタピオカココナッツ。

見た目も美しい海老ココナッツカレーは、ぷりっぷりの海老がきちんと整列しています。

IMG_1151   

スパイスの中にココナッツミルクのまろやかなコクとやわらかい甘さが広がって

いますが、少々塩分が強い。 この日はたまたまだったのかな?

IMG_1158

スープはぶなしめじ、キャベツなど。生姜もきいて酸味のあるスープ。

IMG_1168

ジャスミン茶をいただけます。

膳を下げてから持ってきてくださるので、食事が終わって急いで席を立つと

飲み損ねてしまいますよ。

IMG_1170

暑い季節には、タイ料理が一層美味しく感じますね。

品良い味わいのジャスミンタイ。

またタイミングを見計らって、他のランチメニューにも挑戦してみよう(*^-^) 

ランチ満足度数は変わらず、★★★★ 積極的に好きですcatface

 

ジャスミンタイ 六本木店

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-21 ファイブプラザ2F

TEL     03-3583-8101

営業時間/ 11:30~15:00 17:00~23:00

定休日    無休

http://www.jasmine-thai.co.jp

ジャスミンタイ 六本木店 (JASMINE THAI)

お一人ランチは、六本木のタイ料理「ジャスミンタイAicon339

IMG_9491

場所は、六本木交差点から向かい飯倉片町交差点手前右折。

CHACO」の並びでもあります。

IMG_9488

お店は2階。

この辺りには気になる飲食店がたくさんあるのですが、最近この付近で、今日は

ランチに何を食べようかと迷うと、いつの間にかこちらに伺ってしまっています。

そんなわけで今回は、六本木で体感するタイ国料理 第1弾!

IMG_9442

一歩店内に足を踏み入れるとそこはタイリゾートの雰囲気。

すっきりと広めの店内はインテリアにも凝っており、時間帯にもよるのでしょうが

ゆったり落ち着いてランチがいただけそうです。

一人の旨を告げると窓際2人掛けのテーブル席に案内していただけました。

IMG_9478

卓上には、予めフォーク、スプーン、お箸が容器の中にセットされ置かれています。 

IMG_9439

ランチメニューから選んだのは・・・ 

IMG_9452

チキンココナッツカレーセットrestaurant@1000

サラダ、スープ、デザート付きですYahho01

ライスのお替りはセルフになりますが自由です。

IMG_9455

ほろほろにほぐれたチキン。

しっかりスパイスが感じられるのですが、ココナッツミルクのまろやかなコクと

やわらかい甘さも加わって奥深い味わい。マイルドな旨みはあとをひく美味しさです。

目玉焼きがのっているのも個人的に大きくポイント。

黄身を崩して絡めるようにいただくと、より馴染みやすくなる感じかな。

IMG_9460 IMG_9462

スープは大根、人参、鶏肉など。薄味になりますがほんのり酸味がきいており、

さっぱりとしてます。

サラダにはぴりっと甘辛くエスニック風のドレッシング。 

IMG_9468

デザートはタピオカココナッツ。

とっても甘いのですが、この甘さが食後に嬉しい。

IMG_9484

食後、膳を下げていただいたあとにジャスミン茶をいただけました。 

IMG_9494

味覚の変化も楽しめて、ボリュームもあり充実感たっぷりのランチ。

本格的というより日本人にもいただきやすいように品良くアレンジされているという

感じがしますが、私のような初心者には、もっともっとタイ料理を試してみたい

という気持ちをもたせてくれるお店でした。

ランチ満足度数は、★★★★ 積極的に好きですcatface

 

ジャスミンタイ 六本木店

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-21 ファイブプラザ2F

TEL     03-3583-8101

営業時間/ 11:30~15:00 17:00~23:00

定休日    無休

http://www.jasmine-thai.co.jp

DEVI FUSION(デヴィ・フュージョン) 六本木

お一人ランチは、六本木のインド料理「DEVI FUSION」(デヴィ・フュージョン)Aicon339

IMG_6077

場所は六本木1丁目駅から、飯倉片町の交差点へ向かう途中、

通りの右手側に位置しています。 

IMG_6074

店内はガラガラ・・・。

実はランチと言っても、もう15時30分を回っているのです。

仕事の関係で激しく遅いランチ。

目的のお店はあったのですが、既にランチタイムメニューが終わっているので

思案していたところ、こちらのティータイムメニューを思いついたのです。 

IMG_6022 IMG_6024

ティータイムメニューは6種類。 この中から

Hand01チキンカレー、ライスかナン、ドリンク付restaurant@1200をナンで注文しました。

Deviグループの系列店は麻布十番の、DEVI BISTRO以来です。

IMG_6044

やはり、ここもナンがデカイっ。 同様にもっちりと甘みがあります。

IMG_6048

ヴィジュアル的にはDEVI BISTROと変わりません。

やはりマイルドで甘めですが、微妙にBISTOとは違います。

なんだろ? 一層味わい深いというか、まろやかで滑らか、好印象です。

IMG_6065

この付け合せのサラダドレッシングが美味しかった。

サウザンのようですが、自家製なのかな?

甘さの中に、ちょっとぴりっとした辛さがあって好きな味です。 

IMG_6034

ドリンクはラッシー。 濃くもなく薄くもなく適度。

IMG_6030

ご馳走さまでした~。

この日はランチ浪人のあまりお腹がへりすぎて、パクパクいただいちゃってます。

なので、本当はよく味わっていないような気もします。

記憶違いがありましたらご勘弁ください。

IMG_6082

スタッフは皆さん、外国の方。

利用させていただいた1階の雰囲気では、カジュアルにインド料理を楽しめる

今どきのお洒落なレストランという感じでした。 

またこのあたりで激しくランチ難民のときは寄らせていただこうかな。

ランチ満足度数は、★★★☆ 消極的に好きですcatface

 

DEVI FUSION(デヴィ・フュージョン)

〒106-0032  東京都港区六本木3-3-15 SKビル 1F・2F

TEL     03-5570-4335

営業時間/ 11:30~23:00(L.O.22:30)

定休日    無休

http://devi-group.com/

御膳房(ごぜんぼう) 六本木

お一人ランチは、六本木の中国雲南料理「御膳房」(ごぜんぼう)Aicon339

IMG_3072

場所は六本木駅から芋洗坂をくだる途中の右手側に位置しています。

重厚感のある店構え、中の様子はここからでは、うかがい知ることはできません。

IMG_3069

お一人様は入れるかしら (・Θ・;)?

13時30分近くなので、混雑も一段落している頃であろうと勝手に推測して

入ってみました。 お店に入るとすぐ左手にレジ。

待ちのお客様もいらっしゃいましたが、ほどなくテーブル席に案内していただけました。

IMG_3055

シックで高級感のある店内は、ほぼ満卓状態で、なおも客足は途絶えずです。

ポットのお茶はジャスミン。

IMG_3054   

はじめてなので、リーズナブルな週替わりランチセットで選ぼうcatface

内容は、サラダ・スープ・漬物・ご飯・デザート付き(ご飯おかわりできます

また、雨天時に限り特製餃子がサービスですが、残念。本日は曇りなりcloud

IMG_3062   

         1.若鶏の香り揚げ、薬味ソースがけrestaurant@950

サラダ・・・塩をまぶしたキュウリを板ずりしたような?感じです。

スープ・・・溶き卵と豆腐のスープ。薄い塩味で素材の旨みを生かしてます。

      ふわっとした口当たりもよく、かなり上品。

漬物・・・菜脯(ツァイ・フー)catface 大根の漬物です。

デザート・・・杏仁豆腐。舌の上でとろけていくような、やわらかく滑らかな食感と

        華やぐ杏仁の香りがエレガント。

IMG_3063

若鶏の香り揚げ、薬味ソースがけ。

下にはキャベツの千切りが敷かれています。

若鶏はやわらかくて、しっとりとジューシー。黒酢もきいてますが酸っぱすぎず、

また甘すぎず繊細な味付けで品が良い。  ボリュームたっぷりなのですが、

さっぱりしているのでどんどん食べれてしまいますdelicious

なるほど~、このお値段にしてなかみのあるしっかりしたランチ。

お店が賑わっている理由がわかりましたW04

 

雲南料理というと薬膳のイメージを持っておりましたが、印象としては、

おそらく薬膳の枠にとどまらず、ヘルシーで日本人の好む優しい味を提供して

くださることでしょう。

IMG_3074

さて、鳩山首相が来店なさるらしく、店先にはお写真などがでておりましたが納得。

高級感の漂う落ち着いた内装、厳選した素材にこだわり、優しく品の良い料理。

接客もとてもスマート。ご接待にもふさわしいお店ではなかろうかと思いました。

 

私としては次回も、まずランチに訪問したい。評判の良い「雲南豆腐かけご飯」が

課題となりましたwink

 

芋洗い坂は直進するとけやき坂にぶつかります。麻布十番も近い。

帰りは腹ごなしに歩いて会社まで帰るか。。 ご馳走さまでした~(^人^)感謝♪

 

御膳房(ごぜんぼう)

〒106-0032 東京都港区六本木6-8-15 第2五月ビル1F

TEL          03-3470-2218

営業時間/ 11:30~15:00(L.O.14:30) 17:00~23:00(L.O.22:00)

定休日     年中無休(年末年始を除く)

http://www.gozenbo.com

CHACO(チャコ) 六本木

お一人ランチは、六本木の「CHACOAicon339 老舗のステーキ屋です。

みににとって六本木の「CHACO」は「香妃園」、「シシリア」、「ニコラス」と並ぶくらい

懐かしいお店です。 場所は、六本木交差点から向かい飯倉片町交差点手前右折。

IMG_8199

現在は綺麗なビルになってしまったので見違えるようです。

以前は外装からして、煉瓦を使った古いアメリカンな佇まいのお店だった

記憶なのですが。

IMG_8194 

表には、ランチタイムサービスの看板が出ています。

IMG_8192

ビル内に一歩足を踏み入れると・・・さらに魅惑のメニューがlovely

和牛切り落とし丼も気になりますが、初志貫徹しましょう。

 

残念、1階は開いていません。ランチは2階へと案内がでています。

CHACOはステーキハウスですが、私が昔ランチに食べていたものは決まってます。

当時から人気のメニュー炭焼きハンバーグrestaurant@1100を注文します。

サラダ、パンorライス、コーヒーor紅茶orシャーベット付。

IMG_8150 IMG_8151

セットのサラダとワカメスープ。

サラダにはたっぷりドレッシングがかかってるので、食べやすい。

IMG_8155

ジュゥジュゥ音をたてあつーく熱せられた鋳物の皿に、愛しの炭焼きハンバーグが

乗せられ運ばれてきました。なにやら昨今は、100円で温泉玉子をトッピング

できるようですが、今回はなし。シンプルでいきました。

IMG_8162

ここに、ソースを手前勝手にかけていきます。

ものすごい蒸気が立ち上るとともに、はねますのでご注意ください。

さらにジュジュジュジュジューーと食欲を誘う効果音が素敵W03

IMG_8168

何回かに分けてたっぷりとソースをかけます。

コクのあるソースは赤ワインをたっぷり使って大人の味。

付け合せのじゃがいもlovelyバターがたっぷりきいて余熱でじゃがいものお尻に

コゲができるんですよ~。

みににとって、アルミホイルに包まれたベイクドポテトを食べて、美味しいっと

思ったのは、このCHACOがはじめてでした。 これが食べたくて~大好きで~。

IMG_8173ジューシーな肉。

このハンバーグはふんわりというよりアメリカンで、しっかりとした肉の旨さを

かみ締めることができるタイプです。 コクのあるソースとの相性もバッチリ。

 

IMG_8182 IMG_8185 

シャーベットは柚子ということでしたので、コーヒーでお願いしました。

泡が薄く表面を覆っています。ミルクを少し・・・cafe

 

さて、ステーキハウスですから、炭焼きステーキについてふれますね。

CHACOでは、フロアの暖炉の炭火で熟練シェフが丹念にステーキを焼きあげて

くれます。これがこちらのお店のウリなんです。

で、肝心なお肉の味はと言うと、ダイナミックで、ざっくり言うと大味だった記憶が

あります。当時はハマ、和田門、コルザと、接客、雰囲気、味と特色があり繊細で

ステーキの美味しいお店は、六本木にたくさんありましたので、ここでステーキを

食べたということは1、2度くらいしかありません。 

その頃の私には、ボリューミーすぎたのかもしれませんね。

もっぱら、ランチのハンバーグ専門でしたcatface

ランチはCHACO、深夜は香妃園、シシリアとあの頃は若かったのぉ~~~japanesetea

1

はじめて入ったこの2階は、随分と小ぢんまりしています。

それとも私が大きくなったのかしらpigdash 

 

付近は大使館も多いので、私の隣のテーブル席には外人さんが6名で

ランチを取られていました。オーダーのほとんどは炭火焼ハンバーグ。

だって、これだけ充実したランチで@1100はなかなかCPが高いと思います。

 

これからも頑張れCHACOup 次回は1階でステーキの味を再確認したいなcatface

 

炭焼きステーキハウスCHACO(チャコ)

〒106-0032 東京都港区六本木5-18-22

TEL     03-3583-8101

営業時間/ 月~金 11:30~14:00  17:00~22:30

         土・祝 17:00~22:30

定休日    日曜日

その他のカテゴリー

01-1.みにの外食グルメ★★★★以上 | 01-2.みにの外食グルメ★★★☆ | 02-1.中華料理 | 02-2.担担麺 | 03.ラーメン | 04.韓国料理 | 05.エスニック | 06.カレー | 07.蕎麦・うどん | 08.寿司 | 09.鰻・どじょう・穴子 | 10.とんかつ・天ぷら | 11-1.和食全般 | 11-2.和食 丼 | 11-3.和食屋・居酒屋の定食 | 11-4.和食 鍋 | 12.イタリアン | 13.フレンチ | 14.スペイン | 15-1.洋食 西洋各国料理 | 15-2.洋食屋ランチメニュー | 16.グルメバーガー | 17.Bar・カフェ | 18-1.居酒屋 | 18-2.居酒屋 | 19.お一人ランチ | 20.寝太郎のぐるめコーナー | 21.内飯・弁当・土産・取寄せ | 22.競馬の話 | 23.ぬいさんの話 | 24.免責事項等 | A-01.飲食 目黒・武蔵小山 | A-02.飲食 中目黒・祐天寺 | A-03.飲食 学芸大学・自由が丘 | A-04.飲食 渋谷・恵比寿 | A-05.飲食 新宿・新宿御苑・新大久保 | A-06.飲食 神楽坂 | A-07.飲食 田町・三田 | A-08.飲食 白金 | A-09.飲食 麻布 | A-10.飲食 赤坂・六本木・青山 | A-11.飲食 日本橋・三越前 | A-12.飲食 新橋・銀座他 | A-13.飲食 蒲田・大森・五反田・品川 | A-14.飲食 上野・浅草・北千住 | A-15.飲食 その他23区 | B-1.飲食 川崎・横浜 | B-2.飲食 元町・山下町 | B-3.飲食 鎌倉・葉山 | B-4.元町中華街 中華特集 | C.飲食 北海道 | D.飲食 京都 | E.飲食 神戸・淡路 | F.飲食 九州 | G.飲食 千葉 | お出かけ・横浜 | 旅行・九州 | 旅行・京都 | 旅行・北海道 | 旅行・四国 | 旅行・地域 | 旅行・神戸・淡路 | 日記・コラム・つぶやき | 海水浴