2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カテゴリー

ウェザーニュース

最近のトラックバック

カレンダー

無料ブログはココログ

おにぎりくん

管理人より

  • 当サイト管理人に許可なく文書・画像のコピー又は転写することを禁止させていただきます。

C.飲食 北海道

北海道旅行 11/6 かにしゃぶ

11/6日、ついに今日の夜の便で、戻らなくてはなりません。

つい昨日、北海道旅行にウキウキ して朝を迎えたばかりだったのに

楽しい時間 は、あっという間に過ぎてしまうものなんだな~.

北海道、最後のランチに選んだものは、市場でのご飯 

札幌市中央卸売 場外市場に向かいました 

DSC01593 DSC01609

ヤン衆料理 北の漁場」でかにしゃぶを食べることにしました。

魚屋直営店で、比較的お手ごろな値段で昼から、かにしゃぶを単品で注文できます。

DSC01594 DSC01607

             メニューを写しておきました

           DSC01595

                  かにしゃぶです

DSC01597 DSC01599

まずは、お野菜から入れて、 かにをしゃーぶしゃーぶ します 

DSC01601 DSC01602

昨日、兄貴と飲んだけど、私は元気だ~ 熱々のお鍋 を前に

ビールを飲まずにいられませーん。 

アイカタさんは運転のため おあずけです

        追加のズワイガニ も注文しました

           DSC01603

            〆の雑炊セットを1人前注文

DSC01604 DSC01605

寄るな触るな私の鍋だ そうです 私は鍋奉行なのです

まずは、スープに、少しだけ蟹の身をほぐして残しておきました(左)

ご飯投入~(右) スープが適量になるよう調整しながら、ぬめりがでるよう

だったらすくって、塩で味を決めます~。

蟹から出たスープは甘いので、塩は何度かに分けて味見しながら

やりましょう 最後に 卵Medamayaki に万能ネギを混ぜて鍋に回しいれます~ 

さっと、強火にしてすぐ蓋をします 赤子泣いても蓋とるなです

           DSC01606

           蒸らしたら、蟹雑炊 の出来上がり~。

器に盛ったら、ポンズを少量、雑炊にたらして食べるのが、蟹雑炊には合います

DSC01600チビーズも蟹食べて待ってました 

北海道の蟹に思うこと 蟹をしゃぶしゃぶしたり、雑炊に入れるため蟹を割って

身を出したりしたのですが、手がひどく蟹臭くなりません。鮮度の良さのせいかな~。


さて、お会計ですが、2名で生ビール小2、コーラ、ズワイガニしゃぶしゃぶ2人前、

追加のズワイガニ棒肉、雑炊セット,

レンタカー屋さんの10%割引券使用で5292円。

現金会計でお願いします~

 

食後には、場外市場のお土産ものを探して歩きました。 たこ足のでっかいこと

DSC01611 DSC01610

 

ヤン衆料理 北の漁場

〒060-0011 北海道札幌市中央区北11条西21丁目

TEL     011-351-8811  

営業時間/ 7:00~21:00

定休日/ 年中無休

http://www.e-ichiba.jp

北海道旅行 すし屋のさい藤

11/5日、午後札幌市内に戻りました 

本日の宿は札幌プリンスホテルタワーです。ホテルの駐車場に車を入れ

待ち合わせの「すし屋のさい藤」に向かいました。


あっ剛田の兄貴だぁ~~モロダシ兄貴は一発でわかりました

先にいらしてて、カウンター席でビール飲っておられました

はじめまして みにです。 ども、アイカタです。のご挨拶のあとは~~。


すし屋のさい藤」さんのおつまみ&お寿司です

本日の寿司職人さんは、塚原さん。 とても、実直そうな方でした。

お店は接待に使えそうな高級感をもったお店です

DSC01572  DSC01573

お造り左の写真(左)ヒラメ、ほっき貝 小鉢(右上)たらこ煮 小鉢(下)たちぽん

お造り右の写真   ヒラメ、しゃこ

            DSC01574

毛蟹の甲羅焼き(蟹の味噌をあえて焼かれています)蟹の身の甘いこと

やっと、念願の蟹をいただくことができました

DSC01579 DSC01577

たらこの山葵漬け(左) ししゃもの刺身(右)

ししゃもの刺身は、はじめて食べました。北海道ならではのお刺身でしょう。

上品に脂がのっていて、おつまみとして絶品です

            DSC01580

いちご煮です。これもはじめていただきました。ウニとあわびの旨味がだし汁と

なって、潮騒の香りが広がります。これにはもう夢中  Okini02_3 一等賞です。

DSC01581 DSC01582

あん肝(左) 銀杏・むかご・紫芋チップとエゾバフンウニの軍艦巻き(右)

丁寧にひと手間かけられたお料理と、素材の美味さを生かしたお料理が

並びました 

他にも、さい藤さんの一押しのマグロもご馳走になったのですが、

おしゃべりに夢中で、写真を撮り忘れてしまいました。不覚です 

酒はビールからはじまり、芋焼酎でガンガンやりました

DSC01578 DSC01583

チビーズの一押しはししゃものお刺身です(左)

そして、右は亡くなった親父様の遺言?で寿司屋でつまみながら飲るときに、

必ず食べるお約束のかっぱ巻きです。これは私流の口直しがわりなのです 


ザクッと2つくらいに切った胡瓜を巻く職人、細身の胡瓜を1本まんま入れて巻く職人。

いろいろですが、私は、さい藤さんのように胡瓜を細かく刻んで、ごまを入れてから

巻いてくれたものが好きです  (できれば、大葉もあればgoo

チビーズも私と好みが同じなのか、かっぱ巻きを見つめています 

 

さて、ここからはメルヘンの世界ですW03

上の階の美人ママさんのお店へ行きましたっ

ママさんズは猛獣使いだそうです。猛獣って兄貴のこと~

ママさんズは、カッコよいのです 野獣も猛獣も怪獣もあやしてしまいます

兄貴はというと、ちょっと目をはなしていると・・・

すっかりチビーズのとりこに・・・?? 

                DSC01591

こらこら、3匹もこちょこちょしちゃうぞぉ~ と一人遊びをする兄貴。

シャイな兄貴は私達の視線に気がつくと、照れたりもします。

   きら~ん  DSC01592   

あっいっちゃいました。。。何処ってメルヘンの別世界へ・・・

放心状態の兄貴なのです。 なんという愛すべきオヤジ・・いや兄貴なのでしょう

兄貴ぃーー明日には、こっちに帰ってきてよ~~~ 


ちなみに、兄貴にご馳走になってしまって お会計は不明です 

兄貴、ご馳走様ですっ 美味しくて楽しかった~。

                                         

すし屋のさい藤

〒064-0806 北海道札幌市中央区南6条西4 プラザ6.4ビル1F

TEL 011-513-2622  

営業時間/ 17:00~02:00

定休日/ 日・祝

北海道旅行 11/5 ラーメン

11/5日、定山渓温泉から札幌市内に戻ります。

運転役のアイカタさんはラーメンも好物

運転ばかりさせているので、そろそろ、ラーメンを食べさせないと

ご機嫌が悪くなってしまいますね

    DSC01565

  定山渓の雪景色をあとに、ドライブがてら移動します 

DSC01566  DSC01567   

アイカタさんがチョイスしたのは美園にオープンした「彩未

レンタカーのナビを駆使して、「彩未」のあるエリアに到着

しかし辺りは住宅街ではありませんかっ

駐車場にラーメンの旗はあるものの店はどこじゃ 

周辺をぐるぐる回り、思いきってお店に電話をして発見

すでに駐車場の空きはあと一つに・・・危ないとこでした

店内に入って、まず材料の仕入れ伝票を発見 こだわって作られて

いるようです。 

       DSC01568 

見回すと、何故か開店時間の11時前なのに、お客さんはいっぱいです

もう食べている人もいれば、店内の待ち席にも・・・・。

11時前でもお店が開けば食べさせてくれるってことなのかいな 

あとからあとから、お客さんがやってきて、もう店の前の道路は行列に

なってしまいました。


この待ちの時間に、お店の方が注文を聞いてくれます。

ここは、「すみれ」の流れをくんでいるとのこと。

じゃ、やっぱり注文は味噌ですね。 アイカタさんと意見は一致

DSC01569 DSC01570

           注文したのは、味噌ラーメンです

待つこと20分はたったころ、ようやくカウンター席に着席。

まわりを見ると皆さん、スープを飲み干してらっしゃるから時間かかったのかな~ 

我らにも味噌ラーメンがご到着ぅぅぅーー 

うんまぁぁい あっさりしていながら、しっかりコクが出ており、

想像していたものよりスープが飲みやすくなっています。

すりおろし生姜は、あらかじめお店のほうで乗せられています。

これがアクセントになって Okini02_3 また美味しいのです 


チャーシューもほどよい柔らかさと歯ごたえで、もやしもシャキっと歯ざわりが

残っています。角切り・挽肉も発見 こうした発見が嬉しいな~ 

麺は中太の中太縮れ麺(森住製麺) 

美味しいね~ 待ってよかったね~ 背中に待ち席のお客さまからの

熱視線 をひしひしと浴びながら、最後まで食したのでした~ 

    DSC01571

      チビーズもこれは、食べとかないといかんよ~~。

 もぐもぐアイカタさん、 スープ全部飲んじゃったね~。

                                        

彩 未

〒062-0000 北海道札幌市豊平区美園十条5-3-3

TEL 011-820-6511  

営業時間/ 11:00~15:30 17:00~19:30

定休日/ 月曜日

北海道旅行 11/4 藪半

11/4日のお昼はお蕎麦屋さんにしましょう 

向かったのは小樽駅に近い老舗蕎麦屋「藪半」です。

      DSC01518

たたずまいも素敵ですね~。美味しいお蕎麦とつまみに出会えるか楽しみです

DSC01519 DSC01521 

席はいくつかのブースに分かれ(テーブル席や小あがりの席、蔵の中のお席)

ているのですが、どこも居心地のよい空間が出来上がっています。 

ほっと落ち着ける感じです。

DSC01525 DSC01524 

今日は、これから定山渓温泉まで運転があるのでアイカタさんの、ビールは

おあずけです  代わりに私がエビスの生をぐいっと、写真を写す間もなく

飲み干してやりました

さて、酒のつまみに茄子の揚げ浸しを注文 いい具合に味が浸みてます。

茄子と、しし唐の素揚げ、棒天を加え、その旨味を引き出すように蕎麦つゆで

味を決めているとのことです。

      DSC01529

お酒は北の誉を注文。かたくちで持ってきてくれるのが嬉しいです。

DSC01526 DSC01527

              私は合鴨せいろを注文

熱々のつけ汁には、鴨肉、長ネギ、三つ葉、麩、柚子が入っていています。

つけ汁は合鴨のうまい脂が汁に溶け出て濃厚です

ここに冷たい蕎麦をつけてつるっつるっとやります。

Okini02_3 蕎麦との絡み具合もよく、こりゃぁ堪りませんね~

      DSC01530

              アイカタさんの天ぷらそば 

おおシンプルですね~。

サックサクの海老の天ぷらに長ネギ、柚子。見た目は寂しいですが、

本来の天ぷらそばとはかくあるべきものなのかもしれません 

 

お蕎麦は、注文の際に、「地物粉麺」か「並粉麺」かを聞かれます。

時期的に、今回は新蕎麦の粉が、あったので、こちらでお願いしました。

 

さて、お会計ですが、2名、上記お料理とお酒で3569円 

現金会計でお願いします~ 

DSC01531 DSC01528

あっ 出てきたね。チビーズ 組体操して合鴨そば食べようね~。

 

           もぐもぐ 組体操ってなにーーー                                    

藪 半

〒047-0027 北海道小樽市稲穂2-19-14

TEL 0134-33-1212  

営業時間/ 11:00~20:30

定休日/無 休

北海道旅行 11/4 小樽洋菓子舗 ルタオ

小樽11/4日、ホテルの窓から眺めたところ、どんよりと曇り空

ヒルトン小樽は、なかなか快適です。 綺麗で、部屋の広さもあるし、ホテルの1・2

階から隣のショッピングモール(ウイングベイ小樽)に連絡通路があるので便利です。

小型犬を伴った宿泊プラン【ONLYわんチャンプラン】もやっています

DSC01469 DSC01468

写真はロビーですが、2階の「テラスブラッセリー」で朝食のブッフェをとることができる

のです。 ここは、石狩湾と小樽港マリーナを望むカジュアルでモダンなシーサイド

レストランになっています。

           DSC01467

じゃ~ん和食な朝です・・・私は、どうもブッフェに慣れてないようで、盛り付けが

絵にならないのが、悲しいです

食事をとり終えて、ホテル近くを散歩することにしました。

DSC01470 DSC01471

そこで、裕次郎記念館です。・・・・もちろん朝が早くてやっていません

たまたまヒルトン小樽の近くなので外観だけ、写真を撮っておきました。

しかし・・・寒い 少し歩いただけで寒さに泣きがはいりました 


そうだショッピングモール(ウイングベイ小樽)に入って、連絡通路からホテルに

帰ろうと思ったのですが、朝が早くてやっていません

どこもかしくも・・・耳がもげそうな寒さを堪え、外を歩いて自力でホテルに帰りました。

今日は、「小樽運河工芸館」吹きガラス製作体験を予約してあるのです


その前に、行っておきたいとこがあります

DSC01482 DSC01489 

ルタオ」です。おー 昨晩のベリーベリーストロベリー のドルチェの無念を

はらすのじゃぁーーー。 いざまいるぞっアイカタどん 

DSC01486 DSC01485

ドゥーブルフロマージュ (左 ) と ショコラドゥーブル(右)

うんまぁぁぁ~い 普段食べてないので、どう表現してよいのかわからないん

ですけど。 なめらかでリッチで、軽くて優しい、味~ 

なるほどーー 人気のあるのがわかりましたよ~~ 

           DSC01488

    あっ、という間に完食してしまった。コーヒーも飲んでやるーーー 

 

小樽洋菓子舗 ルタオ

〒047-0027  北海道小樽市堺町7-16

TEL  0120-46-8825(フリーダイヤル)

営業時間/ 09:00~18:00(時期により異なる)

定休日/ 無 休

北海道旅行 11/3 ベリーベリーストロベリー

ツリーのイルミネーションに明りがともり、すっかり陽も暮れました

小樽の観覧車に乗りたかったのですが、雷発生のため、一時営業中止の札が

出てたので断念しました

DSC01448 DSC01453

小樽での、夕飯はイタリアンのお店「ベリーベリーストロベリー」です。

夜はワイン を飲みたいので、ホテルからの移動はタクシー です。

DSC01454 DSC01456

カジュアルイタリアンの店なので、肩が凝らずにお食事が出来そうです。

お店の評判料理は、薪の釜で焼いたピッツアドルチェ各種

なかでも店名のついた「ベリーベリーストロベリー」にはファンも多く

スイーツ好きには、たまらないドルチェのようです

DSC01457 DSC01458

ますは、ゴルゴンゾーラのペンネ(左)とグリーンサラダ(右)

ペンネの茹で加減も良く、シンプルだけど美味しく仕上がっています。

北海道に来てから、野菜不足です。 さまざまなサラダはあったのですが

ここもシンプルに野菜だけのサラダにしました。

ドレッシングがふんだんにかかっており、新鮮な野菜を摂ることができました。

DSC01461 DSC01465

極上和牛のカルパッチョ(左)とチーズ各種(右)

極上和牛は口の中でとろけます。これは絶品

チーズを頼んだからには、ワインも進んでしまいます。

DSC01463 DSC01459

・・・って、いつの間にやら、2本並んでいるじゃあありませんかっ

そして、自家製ガーリックトーストです

優しくて、香ばしく、美味しい 嬉しくなってしまいました 


しかし、昼の寿司ランチがきいたのか

評判のピッツアもベリーベリーストロベリーにもたどり着けず、遭えなく撃沈。

無念です。 腹も身のうち、次回の宿題を抱えて今日は退散することにしましょう。


ベリーベリーストロベリー」さんのお料理は家庭的で優しい味わいでした。

さて、お会計ですが、2名、上記お料理とお酒で13300円 

B808_3 ちなみに、予約もカード使用も可です。


大事なおまけ

DSC01466 DSC01460

 お店のメニューだよ。どれを食べようかな~

      チビッチ起きないと食べそこねちゃうよ~ 

      うんうん やっぱボク達には美味しいパンが一番だね  

そして・・・

 今日も一日、楽しかったね。ホテルに無事到着。

               チビーズもおやすみなさ~い

DSC01439 DSC01442

                                        
ベリーベリーストロベリー

〒047-0021 北海道小樽市入船1-2-29

TEL  0134-23-0896

営業時間/月~金  11:30~15:00(L.O.) 月~金 17:00~23:00(L.O.22:00) 

      土・日・祝 11:30~23:00(L.O.22:00)

定休日/ 無 休

北海道旅行 11/3 伊勢鮨

11/3日、札幌から小樽に移動しました 

           DSC01472

今日は、昼からお寿司がいただきたいので、車は本日の宿「ヒルトン小樽」の駐車場に

入れて日本酒も飲りたいと思います。

旅の供のアイカタさんも、お寿司が大好物なのです 

さぞや、お寿司で冷酒を楽しみにしていることでしょう

目指すお店は、小樽の「伊勢鮨」、ホテル前からタクシー で乗りつけました。


お店は、カウンター席もありますが、ゆっくりくつろぎたかったので小あがりの席に

通していただきました。

DSC01330 DSC01329 

メニューです。右側は夜のみのメニューのため、好物の焼きたらばは注文

できませんでした

DSC01331 DSC01332 

店内にもメニューが貼られています。 何を頼もうかな~

DSC01334 DSC01333 

まずは、お通し。 @530×2

    マグロ皮のぬた(湯引きしたものに辛し味噌)
    岩海苔くらげ

 と、サッポロクラシックの瓶ビールです  @630

DSC01336 DSC01339 

次は、生牡蠣たちぽんを注文 各@840

とろりとクリーミー、美味い としか言いようがありません。

 こうなると日本酒がいただきたくなります。   

DSC01335 DSC01381

はじめは、ひやおろしで頼んでいたのですが、3杯目で打ち止め。 @630×3

酒量が進むといかん 冷酒(小樽伊勢鮨ラベル)変えました~。 @840×3

DSC01350 DSC01363 

となると、つまみも追加 新物 ししゃもです(普通は2本。ちいさかったので1本

オマケしてもらえました) @630

DSC01366 DSC01369

牡蠣の塩辛 @740

珍味です レモンを軽く絞って、混ぜ合わせていただきました。

DSC01340 DSC01346 

道産握りを一人前注文 あとはお好みで注文することにしました。 

御椀も付いています。 @3700 

お寿司は手前の左から右へ・・・

  一列目 松皮カレイ、ます(軽く酢締めしたもの)、そい
  二列目 
氷下魚の子の醤油漬け、いくら、うに、ぼたん海老、水だこの頭
   三列目   ほっき貝、帆立、しゃこ、たらば蟹

御椀はサービスで2つ持ってきていただけました 

DSC01356 DSC01348 

お好みで注文です  1つから受け付けてもらえます

手前の左から右へ・・・

   一列目 小肌、〆さば、そい  二列目 ほっき貝、煮牡蠣2つ、 

DSC01351 DSC01373 

巻物は3本からとなっていましたが、お店の方にお願いしたところ、1本からでも

出していただけました 

    とろ鉄火巻き(一本) @850 
    磯かっぱ(あわびと胡瓜。一本)@850 

磯かっぱは、ひもではなくあわびで入ってますから食感が、また豊かに感じられます。

DSC01383 DSC01378 

お好みの追加注文です

左の皿は 根かぶ、いか、 根かぶのねばりがたまりません。
右の皿は たらこ       軽く表面だけあぶったたらこは生臭さもなく鮮度の
                 良さが、うかがえます。


Okini02_3 伊勢鮨さんで、いただいたもので特に私が気にいったものを

        あげておきます。

                 DSC01359 

              ダントツは煮牡蠣の握りです 

        その他では、ほっき貝、たちぽん、しゃこ(順不同)でした~ 

伊勢鮨さんは、握りのシャリが小さいので、いくらでもいただけてしまいました。

小樽でお勧めできるお寿司屋さんは、間違いなく「伊勢鮨」さんでしょう

 

大事なおまけ

DSC01337 DSC01338 

  チビーズもチビッチも忘れてませんよ~。

      小あがりの席なので、この子達もゆっくりご飯食べれます

DSC01342 DSC01344 

道産握りだって食べちゃうのです 

  くんくん どの握りから食べようかなぁ~

DSC01357 DSC01358 

チビーズ達のお好みのお鮨はどれかな 

  煮牡蠣を食べてみたいよ~

DSC01347 DSC01364 

御椀だって順番に飲めちゃいます。 ししゃももチビーズと同じ仲良く3匹だね

DSC01353 DSC01354 

  巻物だって、食べちゃうよ~。 チビッチはもう食べてるね

DSC01377 DSC01380 

 もぐもぐ、あっ磯かっぱが1つ少ないよ~

             たらこは2つしかないね~。どうしよっか~ 


さて、お会計ですが、2名、上記お料理とお酒で19500円 

東京あたりで、いただいたらこの金額では収まらないと思います。

B808_3 ちなみに、予約もカード使用も可です。
                               

                                                           

伊勢鮨

〒047-0032 北海道小樽市稲穂3-15-3

TEL  0134-23-1425

営業時間/昼:11時30分〜15時00分(14時30分:オーダーストップ)

      夜:17時00分〜22時00分(21時30分:ラストオーダー) 
    ※ 日曜・祝祭日は9時閉店。また、ネタがなくなり次第、終了。

定休日/水曜日
    ※ 祝日、祭日は営業

北海道旅行 11/2 じんぎすかん

本日のお宿は、『すすきの駅』 徒歩5分の札幌東武ホテルです 

朝が早かったので、夕飯の時間まで一休み

DSC01308 DSC01311

陽も暮れたころ、私らも観光客なので、ラーメン横丁 を撮影してみました。

DSC01320 DSC01321

すすきの の街も、ネオンがともり、あちこちで客引きさんが出ています。


本日の夕飯は 昭和29年創業の老舗、成吉思汗「だるま」です。

お天気に恵まれたら、ランチはスープカリィではなく、ロケーションの良い

ツキサップじんぎすかんクラブ」を候補にあげていたのですが、気温も低く

希望する野外では厳しいので、予定を変更しています 

(北海道に向かう前にツキサップじんぎすかんクラブに電話を入れたところ
シーズンオフとも言われてたのです )

だるま」のお店のネタもとも、我らが剛田の兄貴です。 

           DSC01319

本店・支店ともに行列の途絶えることのない人気店

本店より少し広めの支店に並ぶこと30分、寒さが身にこたえました 

DSC01313 DSC01314 

カウンター席に着席するや否や、問答無用でお店のおばちゃんが、七輪の炭火の

上にドーム型のジンギスカン鍋を置いて、野菜(玉ねぎと長ネギ)をドカンと

まいてくれます。

お肉を焼く脂も中央にドスンです マトン肉を含めたこれが、セットになっています。

タレもテンポよく出してくれます 

薬味はニンニクと一味、お好みで調整します。 このタレが実に美味い 


マトン肉はタレに付け込んでいないため、さっぱりしていており、箸が進みます。

かつ、柔らかすぎず、また硬くもなく、歯ごたえのよい肉です。

                           DSC01316

アイカタさんも、もう車はホテルの駐車場なので、ビールを飲ませてあげましょう

だるまとロゴのはいったジョッキ は、やる気おこさせてくれます

お酒は他に、ハイボール、ワインも置いてありました。

また、お酒には、お漬物がついてきます(キムチ脇の小鉢)

DSC01318 DSC01317 

私は、白ご飯も食べたいので、キムチも注文してしまいました

じゅうじゅう焼いては、お肉も野菜も、ひたすら食べ続けてしまいました。

もちろん、じんぎすかんも、もうワンセットお替りしました 

野菜もマトン肉も、お腹にいくらでも入りそうな勢いです。


お店のおばちゃん達も、カウンター内でテキパキとよく働いています。

さすが、開拓者の子孫 力強いおばちゃん達がお店を盛り上げて

いると言ってもいいでしょう 


さて、お会計ですが、2名でビール3杯、ハイボール2杯、じんぎすかん3セット、

白ご飯、キムチで5570円 

実に安い  Okini02_3 このお店を目当てに飛行機に乗って通いたい

ぐらいのお店でした。

ちなみに、予約もカード使用も不可です。
                                    

成吉思汗「だるま」支店

〒064-0806 札幌市中央区南6条西4丁目仲通り 野口ビル1F

TEL      011-533-8929

営業時間/平・祝 17時30~翌5時、日 4時30~翌1時

定休日/年中無休

北海道旅行 11/2 スープカリィ

市内に車を走らせると、雨は止んでくれました

ノーザンホースパーク からの移動時間はおよそ50分

目指すお店は、スープカリィのお店「VOYAGE」(ヴォイジュ)

こちらで、ランチをとることにしました

         DSC01660

こちらのお店のネタもとは、我らが剛田の兄貴です。

運よく待ち時間も少なく、席に案内してもらえました。 

DSC01299 DSC01300

STEP1  まずは、スープをあっさり系にするか濃厚系にするかを決めます。(左上)

あっさり系は、毎日決まっているようですが、濃厚系は日替わりになっています。

STEP2 メインの具材を選びます。(左下)

STEP3 辛さを決めます。1から5、さらに圏外まであるようです。

STEP4 トッピングを決めます。(右) 野菜、肉・海鮮、その他 となっています。

          DSC01298

スープカリィは初体験なので、ドキドキしながらOrionビールを飲みました

旅の供の、アイカタさんは運転があるので、ビールはおあずけです

          DSC01302

         まずは、私のオーダーしたスープカリィです

スープはあっさり系、メインの具材はサクッとハーブチキン、辛さは3、トッピングは

チーズフォンデユ入りもちです。

チキンの皮はパリッっとしながら、お肉はジューシー、野菜はゴロゴロのじゃがいもと

薄切りにされた人参、大根、茄子、いんげん、かぼちゃ、アボカドなどが入っており、

野菜自体の旨味も重なって美味しい。うずらのたまごが入っていたのも注目でした

トッピングしたチーズフォンデユ入りもちがよいアクセントにもなり、かなりスパイスの

効いたスープなのにも関わらず、ものも言わず食べ進めてしまいました

           DSC01305

        アイカタさんのオーダーしたスープカリィです

スープは濃厚系、メインの具材はベーコンwithキャベツ、辛さは3、トッピングは

舞茸ハーフです。中に入っている基本の野菜はさほど変わりはありませんが

こちらには、牛蒡が入っていました。

アイカタさん曰く、ベーコンがすごく美味しいと言ってました

           DSC01303

          こちらは黄色いターメリックライスです

スープカリィについてきますので、これをスープに浸して食べます。

私は、辛さ3で十分だったのですが、アイカタさんは、どうも4くらいの辛さでもよかった

ようでした。チャレンジャーだなぁ 

ちなみに、お店の方のお勧めによると、あっさり系にはチキンレッグ、濃厚系には肉で

Okini02_3スープカリィを構成していくとよいそうです。

本場、スープカリィに大満足しました~

さて、お会計ですが、2名で2760円でした

                                   

VOYAGE

〒001-0022 北海道札幌市北区北22条西5丁目第11松井ビル1F

TEL 011-758-2500

営業時間/11:30~23:00(22:30オーダーストップ)

定休日/年中無休

 

http://www.voyage1996.com/

その他のカテゴリー

01-1.みにの外食グルメ★★★★以上 01-2.みにの外食グルメ★★★☆ 02-1.中華料理 02-2.担担麺 03.ラーメン 04.韓国料理 05.エスニック 06.カレー 07.蕎麦・うどん 08.寿司 09.鰻・どじょう・穴子 10.とんかつ・天ぷら 11-1.和食全般 11-2.和食 丼 11-3.和食屋・居酒屋の定食 11-4.和食 鍋 12.イタリアン 13.フレンチ 14.スペイン 15-1.洋食 西洋各国料理 15-2.洋食屋ランチメニュー 16.グルメバーガー 17.Bar・カフェ 18-1.居酒屋 18-2.居酒屋 19.お一人ランチ 20.寝太郎のぐるめコーナー 21.内飯・弁当・土産・取寄せ 22.競馬の話 23.ぬいさんの話 24.免責事項等 A-01.飲食 目黒・武蔵小山 A-02.飲食 中目黒・祐天寺 A-03.飲食 学芸大学・自由が丘 A-04.飲食 渋谷・恵比寿 A-05.飲食 新宿・新宿御苑・新大久保 A-06.飲食 神楽坂 A-07.飲食 田町・三田 A-08.飲食 白金 A-09.飲食 麻布 A-10.飲食 赤坂・六本木・青山 A-11.飲食 日本橋・三越前 A-12.飲食 新橋・銀座他 A-13.飲食 蒲田・大森・五反田・品川 A-14.飲食 上野・浅草・北千住 A-15.飲食 その他23区 B-1.飲食 川崎・横浜 B-2.飲食 元町・山下町 B-3.飲食 鎌倉・葉山 B-4.元町中華街 中華特集 C.飲食 北海道 D.飲食 京都 E.飲食 神戸・淡路 F.飲食 九州 G.飲食 千葉 お出かけ・横浜 旅行・九州 旅行・京都 旅行・北海道 旅行・四国 旅行・地域 旅行・神戸・淡路 日記・コラム・つぶやき 海水浴